FC2ブログ

若輩ものでございます1

今回は時間のズレのある話です。


毎度不思議に思っていたこと。
電車の窓から多摩川が見えるのだけど、
雨の中、増水した川で釣りをしている人達は何故そこまでして釣りをするのだろうか?
空を天井とし地を床とする、アレか?
雨風に己を晒すことで自然と超一体化しているの?
気になる、、、今度聞きに行って見ようかな?


「何が釣れるんですか?」
僕は川に足を入れながら釣りをするオジサンに聞いてみると、彼はこちらをチラリと見て僕の事を指差した。
「20年振りの大物だ。」
その日から彼は自由になり、僕が釣り糸を垂らす側へとなる。
つまり、そう言うことなのだ。
足は根が張った様に水から抜けず、僕に与えられた自由は釣り糸を垂れること位、、針の先には餌など無く、ただ新しい人間が釣れるのを僕は待つだけなのである。

と、久し振りの赤羽の人形教室に向かう最中、 こんなオカルト話を捏造してみた。
(-.-;) 捏造というか、創作だな。

困ったことに、未だ顔だけ決まらない有様で、、3歩進んで3歩戻るの繰り返し。
これを無間地獄というのでしょうか。
藁をも縋る思いです。
まぁ、引き込もり続きだしの気分転換も有りますが。


向かった先で、僕の作品は中々酷い感想の垂れ流しを受けました。
どんなのかって?
(-.-;)あくまでも僕の受けたイメージであり真実とは掛け離れているおそれがありますが、、、。
「鬼のいるという噂の羅生門で、髪の毛を抜いている女性を作ったの!?」
今は上手な言葉がこの程度しか浮かばないから詳しくは後日。


今回は良い話から ということにしましょう。
良い話といっても、手直しはしてしまったのですけどね。


この作品、可愛いと言って頂いたのですが、、、
子供の割には顎がシャープ過ぎるのではないか?と、言われてしまいました。
そんなこと気にもしてませんでしたけど、、、もうちょっとふっくらした方が可愛い!と、言われたら、、、やってみるしかないでしょう。
そして、結果、、、

(-.-;)コントローラーは関係ありません。


正直な感想を述べると、僕はシャープな方が好き。(一人称)
教室の皆様方はふっくらの方が絶対に良い!(二人称、三人称)
今回の教室の1番の収穫かもしれません。
ま、これで良い話です。
次回に続く、、、
そして、明日も頑張りましょう!
スポンサーサイト



01:15 | 創作 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
若輩ものでございます2 | top | 若くないみたいです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/560-a2355a7d