FC2ブログ

フィールドワーク 横浜で浦島太郎をたどる、、①

 

 

6月が始まりましたね、、月の切り替わりと共に、世の中のネガティブも切り替わらないものでしょうかね、、、

さて、煽りは煽りだけど、ちょっと面白い煽りだな、、と思いまして、、、

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、、

[黒川麻雀]

テンピンとは、1000点→¥100 の事です。

(´・ω・`)20人位集まったらしいので、、できれば最後に開き直って上位3人+黒川元検事で囲んで欲しかったなぁ~、、なんてね。

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

今日から、行きつけの日本酒BARがお店を開ける様なのですが、、なんと、1人30分迄!と言う時間制限がつけられてしまっているのだとか、、、

そこまで敏感になる必要あるのかな?と、思ってしまうのですが、、、

(´・ω・`)まぁ、僕の城ではありませんからね。

 

でね、あけましておめでとう開店祝いにと、少し前に話題であげた変わったおつまみを頼みましてね、、

それが届いたんです、、、飴って軽いのね、、思った以上に量に驚きと喜びを感じてしまいました。

4袋幾らでの販売でしたし、、、一応は味を試しておこうかな、と言うことにしたんです。

[キャンディ専門店が本気で作った、日本酒に合うキャンディ]

 (^。^;)カツオ、出汁、ショウガ、塩辛、とバラエティーに富んでいますが、、、

これがね単体で食べると、あんまり美味しくないんですよ。

でもこれは、日本酒と一緒に飲んだ時こそ、真価が問われる飴ですからね、、郷に入っては郷に従えです。と、期待を胸に日本酒のアテにしたんですが、、、

σ(^_^;、、、現実は甘くない、、いや飴だから甘いんだ、、周りは甘く、中がしょっぱい感じ + モノの香り なんですが、、その味わいの変化と香りが、この日本酒を殺してしまうんだよね、、、

(゚◇゚)新しい挑戦は素敵だとおもってますからね。

ま、色んな日本酒で挑戦していませんから、明日、日本酒BARに持ち込んで色々と楽しんでみます、、、

(´・ω・`)お祝いで一袋だから、、残り三袋か~、、、

(´・ω・`)何をしても、それについて悪く言う人がどこかにいる、、悲しいことだけど、それが現実。

(マイケル ジャクソン)

 

 

さてと、、自粛は解除されているのですが、、美術館やギャラリーは軒並み閉めてしまっているこの状況。

今回も通勤定期圏内フィールドワークの様な事をあげさせてもらいます。

 

今回は東神奈川駅~大口、子安駅周辺の探索です。

会社の研修の時に見せられたビデオ(リアルビデオです)で、横浜近辺は浦島太郎伝説が残っている。と、初めて聞き、ずっと興味があったので、今回そういった縁の地を回ってみよう!と、思い立った訳です。

神奈川新町駅から歩くのがオススメとの事ですが、定期圏内の縛り持ちの身ですから、、東神奈川駅~神奈川新町駅まで歩く事にしました。

(´・ω・`)ゲーム性を上げて楽しみが増えると思ってましたが、、只々疲れました。

 

神奈川新町駅改札を抜けて直ぐの車止めに亀の模様がついています。

実は東神奈川駅~歩いている時にも見つけています。(右)

 

(´・ω・`)それだけ、この周辺に根付いている、、と言うことなのかな?

 

神奈川新町の紹介がされています。

この周辺は、普通に歴史が深く、、浦島以外にも、沢山回れるモノがありそうな気がします。

 

いざ出発の前に、少し遅い朝食を、、

ロッテリアのソイミートバーガードリンクセットです。

ヘルシー食材で簡単にね、、、

( ̄○ ̄)腹が減ってはやる気が起きぬ、腹を満たすと眠くなる、、ってね。

 

ロッテリアの大豆肉の味は、、、普通に美味しい。

モスより大豆感がありますが、十分美味しいです。

ケチャップとの相性が抜群でした。

(゚◇゚)コレのチーズバーガーもあります、、多分チーズあった方が美味いと思う。

 

さ、満たされたら歩きます、子安駅の方へ向かうのですが、、

亀があるから根付いてる。と、安直に言ってるだけではないのです。

こんな風に、浦島町と言う地名が残っていたり、、

 

浦島橋と言う橋がかかっていたりね、、

(゚◇゚)東神奈川~大口へ向かう電車の中から外を見ていると、浦島運送なんて会社も見えたりね、、、

 

新浦島橋の上から撮ったしゃしんです。

今は運河になっていて、橋をつないだ先は高度成長期にできた埋め立て地なのだとか、、、

(゚◇゚)元々はこの船着き場から先(右側)は海だったと言う話。

埋め立て地の上には工場が建てられ、、海に工場の汚水を垂れ流ししてヘドロだらけの状態にしたんだそうです。

漁協や漁師の関係者はお金を払ってヘドロを取り除き、工場と話し合いを持とうとしたのですが、向こうは構わず垂れ流しを続け、、最悪の鼬ごっこになっていたそうですが、、、

(´・ω・`)その話は関係ありませんから、ここまでにします。

 

さて、これから向かう場所は[浦島の井戸]と言う場所です。

昔、浦島太郎が舟の漁から帰ってきた時に、足を洗ったと言う伝説が残っているのだとか、、、

まぁ、足洗いだけでなく生活用水にも使っていたのでしょうけどね。

Google Mapsにお任せして、運河の横の子安通りと言う道路を歩いていきます。

 

と言って、古い街並み、、東京の下町に負けず劣らずな細い脇道が、碁盤のように走っています。

ヽ(゚Д゚)ノGoogle Maps様は、私めに、ここを通れと?

どう見てもよそ様の敷地なんです、、只、奥に色々な方々のお家があるので、、通りっちゃ、通りかもしれないけどさ、、コロナ禍で皆気が立っていますからね、、、

もちろん、ほかの道を探しました。

少し先に行って、割と大きめ(?)の道を通り探していると、、違う井戸を発見。

 

 

その道進んで、さっきの場所の近くに来たら、、、

ありましたよ、浦島の井戸(右↓)。

これと言って札が立っていたりするわけではないですし、、アパートの敷地の中なんです。

でね、井戸の先の木の間を抜けると、、さっきの場所の近くに出ました、、、

何でだろうね、、子供の頃の探検の様なこの気持ちは、、、

 

(´・ω・`)この場所探すのには注意が必要です。

 

その後、少しぶらぶらして何か他にも無いかな?と、探索していたんです。

そしたら、曰くありげなお地蔵さんが見つかったのですが、、コレはちょっと、、、という感じでした。

 

本日はそんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト



20:00 | フィールドワーク | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
横浜で浦島太郎をたどる、、② | top | [明治神宮鎮座百年記念展 永遠の社の物語]へ、、肆

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/2152-3a459202