FC2ブログ

[岡本太郎現代芸術賞展]へ、、、②

 

DVD返却に行った帰り道、、、

通りかかったラーメン屋の前で、チャーシューや麺、スープの大売り出しをしていたので、、ちょっと覗いてみたんです、、加工されたものとしては安いのでしょうが、それを買う気分も必要性もなかったので、、ホントに単なるひやかしですけどね。

しかし、まさかの自家製マスクまで販売していたのには驚きましたね。

(´・ω・`)確かに足りてない物だから、よく売れてましたけど、、商売上手という事でしょうか、、、

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

ひやかしついでに、お話ししたら、、仕事にならないから墓参り帰郷と、ついでの温泉旅行に行くのだそうです、、そのための食材販売なんでしょうね。

(゚◇゚)少しうらやましいと思ってしまいました、、、

 

さて、待望のコロナ検出キットが島津製作所から販売とのことです。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、、

[島津製作所 新型コロナ検出キット4/20発売]

(´・ω・`)100人分で¥22500 だから、、1人¥2250なのかな?

実験的な使用では、検出率は100%との事みたいです。

あんまり関係ないことですが、島津製作所の社章って、島津家の家紋なんですね、、、

とは言え、ワクチンでは無いから、、現実的な数が解るだけですけども、、、

人狼ゲーム的なパニックは、少しはおさまるのでしょうか。

ま、それを使うよう国が促すかは解りません、、検査は保険対象外になったりしてね、、、

(´・ω・`)最近、不信感しか持てなくなりましたので、、、

 

 

展示を見にいった話、、、

さて、先日の展示の続きをあげさせてもらいます。

それでは、行ってみましょう♪

  

(゚◇゚)平面と立体のコラージュとでも言うのでしょうか、、最近、この技法をよく見る気がします。

相対、、何故に頭が無いのか、、、

 

  

(゚o゚;)木彫作品みたいなのですが、、マイクの線まで表現しているのが凄いんですよね。

一木彫りではないのでしょうが、、、

 

(´・ω・`)暗幕の垂らされた暗い空間に、緑色に輝くフラスコの様なモノ、、

都市を表しているのでしょうか?

下の引き出しの蝶の標本は、、人なのでしょうか?難解ですね。

 

  

( ̄○ ̄)鉄パイプ、木材、発泡スチロールで造られた立体作品です。

最低限の骨組みに、発泡スチロールで少し筋肉を足している位なんですが、、実に人間らしく見えるのが不思議で興味深かったです。

 

  

( ・_・;)何とも言えない犬の表情と、、仏像的にデフォルメされた筋肉が妙に目を引きます。

どれも愛嬌はあるけど、やさぐれた感じを感じる犬達。

愛されたいけど、野良の偏見から爪弾きをくらってたのか、、、

そんな中生き続けて、その顔になってしまったのか、、そんな事を頭の中で考えてしまいました。

しかし、まん中の布、、悪い想像をしてしまいます。

  

(´・ω・`)アイドルをベースに描いている作品みたいです、、絵の周りが、モデルのアイドルと撮影したチェキで埋め尽くされていました。

説明のチラシにイベントの告知が載っていて、、この大会を宣伝媒体に使っているのかな?と、思うと、、

結構新しい取り組みなのかな?と、感じまして、、、

他の作家?で、舞台を作って、、即興の漫才をする。という展示も有りましたが、、コロナによって、その試みは無期延期となっておりました。

試みは面白いですよね、、

 

  

(´・ω・`)何というか、作業前の企画メモの様な作品だな。と、思いました。

コラージュの様に様々な画を重ねた中に、文章等を入れているのに、、何か親近感がわいてしまいました。

 

  

  

(^。^;) ラブレター、、え、何が?と、感じてしまった作品です。

遠目で見ると、何か面白そうなのあるっ!と、興味本位で近付いたら、、、ショックを受けてしまうかもしれません。

言い方悪いけど、、悪い夢に出てきそうな、、、

しかし、何故か目を離せない力があるのは、、何故なんでしょうね、、、

良い意味で、ぶっ飛んでます、、

あの一瞬だけ、何もかもを忘れて、、なんだこれ?に全力でなりました。

( -_-)久々の感覚でした。

 

本当に異世界観のある展示でした、、未来の作品が楽しみになりますね。

m(__)m楽しませてもらいありがとうございました。

  

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト



20:05 | 展示会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
[中高生美術館レポート]を見て、、、 | top | あれ、禁酒法までつくる気ですか!?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/2100-bda1ffed