FC2ブログ

[埼玉県蓮田 清龍酒造]へ、、、②

 

 

光あるところに影はあり、、光が強いところでは等しく影も強くなる、、

(´・ω・`)よろしくない堂々巡りが始まってしまっている気がします。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、

[愛知トリカエナハーレ開催が物議、、、]

偏った不快な表現が認められるなら、視野を変えた偏る表現を否定することできませんよね、、、

コレはこの先、どうなってしまうのだろう、、、

 

様々な展示ブースがあって、中の一つがその展示として使われていた様ですが、、、

愛知トリエンナーレ=不自由展 しかない。と、僕の職場の人達や飲み仲間は思っているみたいでした。

(´・ω・`)もし、展示に行ってない人がほとんどそんなイメージなのだとしたら、、

そこに埋まってしまったり、そういう方向性なんだ、とイメージされてしまう若手の現代アーティストがいるのではないのか、、心配だなと、思ってしまいます。

(´・ω・`)この話はここまで、、、

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

昨日の夜、天気に恵まれていたので、久々に走ったんです。

(´・ω・`)ここ2週間ほど、雨ばかりでさぼっておりました、、、

でね、ここ最近は二日目に来るようになっていた筋肉痛が、半日後に来たんです!

まんざらでもないのかな?と驚きつつも、、なんか嬉しかったという話。

(゚Д゚)まさか、酒蔵の酵母菌で若返ったのか!?

サボりすぎて、筋肉が落ちきってたんじゃない?(´・ω・`)

 

 

酒蔵見学の話、、、

と言って、あんまり余計な説明を入れるとややこしくなりそうなので、、簡単な説明だけはさむ感じで行こうとおもいます。

まずは、お酒の神様、杉玉の話、、、

(´・ω・`)杉玉と書くが、別に玉状にしなくても良いのだとか、、、場所によってはキューブ状にしたり、、注連縄に紙の垂(シデ)の様に杉の枝をさしたり、、様々な形があるのだとか、、、

 

次は、酒米と磨きの話、、、

(´・ω・`)酒米の有名どころは、雄町、五百万石、美山錦、八反錦、愛山、辺りでしょうか?

雄町、五百万石は実際に食べたことがありますが、、思っていたより美味しかった気がします。

 

貯蔵庫へ出発!

タンクには謎の日付が、、、

 

 

米麹ともろみ、、、

(´・ω・`)簡単に言うと、麹が米を甘くして、もろみが甘みを食べることでアルコールを作り出す、、、

ただ、アルコール濃度が20度を超えると、もろみはアルコールに溺れて死んでしまうのだとか、、、

お酒は程々に、、という戒めなのかな?

 

お酒は時間が経つことに、その名前が変わっていきます。

(´・ω・`)搾りたて~半年は新酒、そこからはひやおろし、一年以上で古酒、二年目古々酒、三年以降は熟成酒となっていきます。

 

 

 

麹をいただきました。

口に含んで、甘くなるまで噛み続けると、糖化して、甘酒に変わります。

その後、酒造の中で天井に向かって口を空け、1、2週間で、もろみが口の中へ入り、、醸造が始まる。と、わかりやすい説明もいただきました。

見学はこんなところです。

ちなみに、酒造り、見学のタブーとして、前日に納豆を食べてはいけない!というルールがあるそうです。

何でも、納豆菌は最強らしく、麹はおろか、酒屋の菌まで殺してしまうのだとか、、、

穂に実る米と、茎の藁に宿る納豆菌、、そんなに遠い場所でもないのに、相性が悪いとは、、、嫁と姑的な立ち位置なのでしょうか?

(´・ω・`)ちなみにらイースト菌が最強ではなかったのか!?

  

更に余談ですが、、、

社長曰わく、タンク買いができるらしい。

一番小さなタンクは親子四人で毎日1人一升ずつのんで、67年で飲みきれるそうですよ、、、

 

後、馬で来ると特典があるそうな、、

食べ放題飲み放題で、馬が苦しいくらいの荷物を積んでくれる、、という笑い話をしていたら、、、

過去、本当に群馬から三頭やってきたのだとか、、、

おみやはないけれど、馬にも人参をたっぷり食べてもらったのだそうです。

(´・ω・`)お馬留め。

 

さて、凄い仏像がございましたので、、ご紹介いたします。

大黒様なのですが、、清龍酒造と大黒様の繋がりは、下の看板を参照して下さい。

 

 

コチラ大黒様ですね、、一本の木をくり抜いて造られているのですが、とても素敵でした。

 

 

ちなみに、ちゃんと大黒様を祀っているお社もあります。

こんちは!って、感じでこちらを見ておられました。

 

コチラには、清龍の言われ等も書いてあります。

大黒様のお社のお隣に、この酒造の心臓部とも言える、井戸水が流れております。

 

生き物は水がなければ生きれません、そんな水にまつわる神様として、龍の姿があるのそうで、、、

その龍から注がれるの水は神聖なもので、身を清める力があるのだとか、、、

僕も一口頂いたから、筋肉痛が直ぐに来てくれたのかもしれませんね。

(´・ω・`)信じるも信じないもアナタ次第です、、、なんてね。

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト



00:00 | 展示会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ブラックジョーク的な、、、 | top | [埼玉県蓮田 清龍酒造]へ、、、①

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/1933-ffe0f9b5