FC2ブログ

[展示 発掘されたガラス瓶]へ、、、(後編)

 

流行り廃りは色々有りますが、、

今回は果物で、そんな話題がニュースになっていたのであげてみようと思います。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ

消費減るグレープフルーツ

 

 

おはようございます、iroiro7色です。

僕が子供の時、グレープフルーツブームが有ったと記憶しています。

確か半分にカットしたグレープフルーツをスプーンで食べるというCMがよく放映されていた筈です。

そして、給食でも同じ様なスタイルで出されていました。

今の小学生達は驚きだと思いますが、、先割れスプーン一本で給食を食わさせられてたんですよね。

スプーンでありながら、フォークの様に刺すことができる、、確かに先割れスプーンが画期的なモノで有ったことは認めますが、、、

正直、ソフト麺とか麺類系の時は、箸を提供してほしかったです。

(´・ω・`)まぁ、そのおかげで、、器用になっているのかもしれませんけどね、、、

 

グレープフルーツの話でしたね、、、

僕は毎年お酒に漬ける位でしか購入しないですね~、、、

僕が面倒だな、、と、あげるなら、、、

外皮を苦労して剥いても、中にも厚い皮があり、、ミカンのように飲み込むことが難しいのが問題なんですよね~、、、

でも、ジュースではグレープフルーツよく飲みます、、あの苦みと酸味が好きなんです。

(*^ー^)生グレープフルーツサワーも、大好きです。

何でも酒だな、君は、、、(´д`)

しかし、グレープフルーツと言わず、、好んで果物を買う事が非常に少なくなっているような気がします。

今年に入って買ったのは、、、この間、動画でウサギが口を真っ赤にしながら、、美味しそうにイチゴを食べるのを見て、、試しに買って与えたくらいですもんね。

(´・ω・`)我が家のウサギは、興味を示さず、、口もつけてくれませんでした。

結局、僕が食べることとなった訳で、、久し振りの苺はとても美味しい。

食べてる時は、又買おう。とは思うんですけどね、、次回スーパーに行った時、手が伸びないのが現実なんですよね、、、

選択肢が多いという事なんでしょうか、、、

(´・ω・`)日本は食べ物であふれている!!、、なんてね。

 

 

展示を見に行った話、、、

この前の続きで、、瓶の展示を書かせてもらいます。

[中野民俗資料館 発掘されたガラス瓶 続き]

それでは、行ってみましょう♪

※小さな画像はクリックすると大きく見れます。

 

まずは、日用品から、、

インク瓶なんて、ほとんど見たこと無かったですが、、

インク瓶の横に羽ペン、、って、何となく知的なイメージを持っています。

  

ヤマト糊も、明治生まれなんですね、、

保存しやすい様に、瓶に金属の蓋との事ですが、、、

コレってジャムの瓶に似てますね。

  

次は清涼飲料、乳酸飲料、アルコールの瓶です。

(´・ω・`)やっと僕らしいモノが出てきたな、、

僕は子供の頃、コーラを飲むことが許されない家庭でした。

かなり、悪評が飛び交ってましたからね、、お昼寝前の紙芝居でもコーラを飲むと歯が溶ける!なんてのも有ったくらいです。

目の敵と言うか、洗脳に近い形で、、僕等は刷り込まれていきました。

そんな憧れの黒い炭酸飲料がアメリカで生まれたのが明治19年。

日本で透明なサイダー(ラムネ)が生まれたのが明治8年。

実はサイダーの方が清涼飲料界で先輩だったのには、ちょっと驚きです。

 

 

次に、乳酸飲料です。

乳酸飲料と言えばカルピスがやはりメジャーですよね。

昔の思い出としては、、

親のお中元で贈ってもらえると嬉しかった記憶があります。

ほら、一本だけ入ってたオレンジ味、、あのレアモノが大好きでした。

濃さは家庭によりそれぞれだと思いますが、、、

僕は濃すぎると喉に妙な違和感が残るので、薄めで飲んでましたけど、、十分甘くて美味しかった。

そんなカルピスは大正8年生まれとの事です。

(´・ω・`)なんか、過去の回想が多いな、、、

↓↓↓↓結構歴史とか見ると面白いのでよろしければ、、

カルピス Wikipedia

(´・ω・`)瓶入りは販売停止になったようですが、あの重さと色が僕には素敵に思えてなりません。

、、歳かな?(-。-;)

  

さぁ、お酒に進みましょう、、ワイン。

意外にも赤玉より先に、神谷バーがワインを販売していたんですね。

  

(´・ω・`)左上、僕は最初[ドルボ]って、なに?と思ってしまいました、、

ボルドーワインの事かと気付くまで大分時間が掛かった感じです。

。すでのだん読らか側右、もき書横は昔(´・ω・`)

  

来た!ビールです!!

かなり、難しい説明ですね、、

大日本麦酒株式会社は、大手で周りを飲み込んで行ったのか、、

それともビール制作技術が足りないから、色々合併していったのか、、、

(´・ω・`)一長一短、、簡単では無いように受け止められます。

 

(´・ω・`)ビール瓶は今と昔で、余り変わっているように見えませんね、、、

 

さて、この辺から化粧品の瓶になっていきます。

まずは、椿油です。

  

次にヘチマコロン?

美容液でしょうか、、?

江戸、明治、大正、昭和と、注目されたヘチマ、、、

そろそろ回り回って平成最後で登場か!?

(´・ω・`)何の予言セールス?

 (´・ω・`)この本の女性が、、モガ(モダンガール)なのでしょうか?

 

レートフード

乳白美容液なのだそうです。

昔から色白信仰が有ったようで、、

ホンノリ色白く、、が売り文句だったのだとか、、、

  

 

なんか、魔法薬みたいな名前が羅列します、、、

左下の名前に関しては、左読みも右読みもそれらしい名前に見えてしまいます。

下の ウテナ バニシング クリーム は、タイガーバームに負けず劣らずなネーミングな気がしてしまいます。

 

  

 

さて、最後になってしまいました。

最後はポマードです。

僕は使ったことが無いので、余り多くの情報を持っていませんが、、

香が強いというのは聞いたことがあります。

男性用の整髪料ですので、心なしか瓶のデザインもシンプルな気がします。

m(__)m最後まで長々、お付き合い下さった方々、、どうもありがとうございます。

特別に、、唯一、僕の知っているポマードの情報を書かせてもらいます。

花粉も酷くなり、昼夜問わずマスク姿の人がいると思いますが、、、

夜、人気のない電柱の灯りの下、、マスク姿の人が『ワタシ、キレイ?』と、言ってきたら、、

「ポマード!」と言うと助かるらしいです、、、

 

では、そんなこんなを盛り付けて、、

何か表現してみましょう、、、

[マスク違い]

(´・人・`)後れ馳せながら、御冥福をお祈りしております。

 

そんな感じ、、、今日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト



07:45 | 展示会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
制作の悪いループ | top | [展示 発掘されたガラス瓶]へ、、

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/1757-e2a88d7c