FC2ブログ

いも観音?を見に行きました。

 

 

3月3日、今日は たのしい ひな祭り♪

東京マラソンは生憎のお天気でしたね。

ランナーの皆さん応援の皆さん、、本当にお疲れ様です。

そんなコンディションの中、トップのタイムはビルハヌ選手が2時間4分48秒との事です。

残念ながら、日本勢は四位まで入らず、、

五位に堀尾選手が2時間10分21秒との事です。

その後、2時間10分代で、今井選手藤川選手が続いたとの事。

確か10分代は次の大きな大会へのポイントが付くような話ではなかったでしょうか?

女子はトップがルティ選手2時間20分40秒。

この後、外国勢が続き、、

7位に一山選手が2時間24分33秒というタイムでした。

女子は東京マラソンのタイムは選定外なんだとか、、、

(´・ω・`)確か東京マラソンは10位迄賞金が出た気がします、、

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

今回は川内選手は出場してないんですね、、

東京マラソンデビューが一緒というだけで応援してる俄ファンなんですけども、、、

あの時の、追い上げシーンは今でも素敵だな~、、と思ってしまいます。

何よりは、一般枠からのエントリーで上位に食い込んだ事が素晴らしいドラマなんですよねー。

(´д`)いかん、マラソンの話になっちまう、、、

 

展示を見に行った話、、、

ちょっと私用を済ませて、まだ時間が有るので、、上野まで足を運んでみました。

[琵琶湖長浜KANNONHOUSE]

琵琶湖長浜周辺のお寺さんから借りてきた仏様の一体を展示するこの場所、、とても素敵な場所だと思うんですが、余り人気がでないんですよね~、、、

(´・ω・`)個人的には琵琶湖に興味が出てきたので、今年の夏に行ってみようと思ってるんですけどね~、、、108ccのばいくで。

ま、そんな感じで作品が変わると、必ず一度は顔を出すんです。

でも、今回の[いも観音]は、何なのか解らないから、必ず見に行こうと思っていました。

きっと、エロ大根の亜種なんだろうな、、デカいサツマイモが観音様の形に見えたみたいな、、なんて、思っていたのですが、、、

考えたモノとはまるで違いました。

それでは行ってみましょう。

[いも観音]

(´・ω・`)思ったより大きな芋だね。

いや、そういうことじゃなくて、、、(゚Д゚)

 

一応、説明文なんですが、、今一解りづらいんですよね。

 

で、個人的に調べてみたんですが、、

恐らく、近隣で戦争が起こり、、焼かれたりする前に土中に埋めた。

その後、折を見て掘り出して、、また祀った。

という感じが芋掘りに似ていたとかだと思います。

ここからは推測ですが、、近隣の人間が種(仏様)を埋め、その後しばらくして掘り起こす。

そして芋という非常に身近な食材として表すと言うことは、それだけ身近にある当然な信仰の対象だったと言うことなのかな~?、、、なんてね。

( -_-)怪談で土中に埋めておいた仏像の顔が、掘り出すと憤怒の相に変わっていた。なんてのをついでに思い出しちゃいました。

  

何とも凄い形ではありますが、、そもそも、神様が人間の姿である必要はないんですよね。

だから、この形も神様なんですよね、、元の形が失われたとしてもね。

説明文を少し変えただけの文章ですいません。

しかし、味のある仏像でした。

 

帰り際、ひな祭りですから、、と、頂き物しました。

(*^ー^)お雛様のあめ玉です。

 

何かタイムリーで嬉しかったです。

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト



20:40 | 展示会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
[Gallery幻 まぼろし狐祭]へ、、、 | top | 29(肉)の日、蝦夷鹿を食べるぞ!

コメント

# いも観音とは!
>だから、この形も神様なんですよね、、元の形が失われたとしてもね。
 説明文を少し変えただけの文章ですいません。
 しかし、味のある仏像でした。

〇いも観音、記事と写真、拝見しました。
 確かに、味のある仏像でした。
 いも観音とはよく言ったものだと感じました。
 草々
by: ささげくん | 2019/03/04 09:06 | URL [編集] | page top↑
# Re: いも観音とは!
度々、コメントありがとうございます。
例え形が変わっても、大事にしていこうと言う気持ち、とても素敵ですよね。
また、お気軽にお越しくださいm(__)m
by: iroiro7色 | 2019/03/06 12:03 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/1738-6355bbe1