FC2ブログ

キッズTARO展 へ、、、

 

Facebookを久々に覗いていたら、、海外に住む友人がこんな記事をあげていました。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ

ウマフライ

 

馬肉のミラノ風カツレツみたいです。

いつも馬刺で食べてしまうので、火を通すとどんな味になるのか、、ちょっと未知数なんですよね、、、

気になってしまいます。

だからって、30時間以上かけて現地に行く気にはなれませんし、、何より飛行機は苦手なんです、、、

 

 

おはようございます、iroiro7色です。

ほら、何て言うか、、悪い事を想像しちゃうんですよね、、、飛行機に乗っていると。

宝くじは当たると思えないけど、飛行機は引き当てそうな気がしちゃうのは不思議です。

(´・ω・`)ま、飛行機乗るお金が有ったら馬肉が十二分に手に入る訳ですしね、、、

 

 

展示を見てきた話、、、

岡本太郎美術館で、11/3から始まっている[キッズ太郎展]へ行ってきました。

子供達が、与えられたテーマに添って、、各々が想い描いた画が展示されています。

今回のテーマは[生命の樹] 小さな子供達には難しそうな題目な気もしますけどね、、、

まぁ、そこは無限の可能性を秘めた子供さん達ですから、、きっと素敵な何かを見せてくれるのだと思います。

※コチラはミュージアムショップからエントランスへ続く通りの壁に展示がしてあるので、無料で見ることができます。 

 

それでは、行ってみましょう。

※下はサムネです、クリックすると大きな画像で、ちゃんと文字も読むことができます。

今回は添えてある文章も面白いので、サムネを混ぜてあげさせてもらっています。

小さい画像はクリックしてね、、、

 

全体図

賑やかな感じになってます。

  

[みんなの守り神]

岡本太郎さんの好きな赤を基調に盛り込み、、ユニークなデフォルメの生き物達を表現している画です。

中心は鳥、右上は海の生き物、左は鹿、右下に恐竜、、

みんな神様なんだそうで、生命の樹を守っているんだそうです。

 

海の中にいる 羽アンモナイト

色々な羽アンモナイトが、海に戻ってくるように、、と、願いを込めた作品みたいです。

昔のことはよく解りませんが、もしかしたらいたかもしれない独創的な羽アンモナイト。

面白いのは、螺旋表現です、、螺旋は同じ場所を辿らない事から、生命のシンボルとされています。

7歳の子供さんがそこまで考えて作品を創っている訳ではないでしょうが、偶然にしても何か必然を感じてしまったのは、、遺伝子レベルの何かが語り掛けて来ていたからなのでしょうか?

虹色の色々な色を使っているのも賑やかですし、、同じ形の生き物でも、様々な種類がいるんだ、、、な~んて勝手に思っておりました。

 

[ウサギみたいなライオン、いろいろいろ怪獣、最強生物ハカトヒ]

空想動物と言うか、理想のキメラと言うか、、

僕は大人に成ってしまっているから、ウサギみたいなライオンはやっぱりライオンだし、、幾らカラフルでも怪獣は怪獣で、、最強生物は最強生物なんです。

ご自分都合で、何かしらの害を考えちゃうんだよな~、、、

でも、これら描いた子供達はそんな狂暴性なんて微塵も考えていないんですよね、、きっとみんな良い奴等なんでしょうね。

 

(´・ω・`)君の理想の生き物は?

四本足のニワトリです!モモ肉がいっぱい食べれます!!(-_-#)

 

[ヘビの木]

ヘビが枝で、生き物が木の実、、そんな木が有ればいいな。とのこと。

幹は植物、枝が蛇、実が動物、進化の過程を表現してるのでしょうか?

(゚Д゚)ブラックマンバだ、目を付けられるとどこまでも追跡してくるぞ!?

 こらこら。(´д`)

 

最年少の1歳と、3歳の作品です。

見て思ったまま、、、

こうなると、何でもありなんですよ、、

 

 

[仲良くなりたい怪獣]

みんな怖がった、、でも怖くない、、、

この画にこの文、素敵ですね。

 

良い展示を見させてもらいました。

人間はみんな天才なんだな~、と勝手に再認識させてもらってます。

他にも作品が有りますので、、よろしければ、常設企画とご一緒に、、、m(__)m

 

そんな感じ、、、今日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト
05:20 | 展示会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
久々の定食屋へ、、 | top | 爆発だー!!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/1628-ef3b90ef