FC2ブログ

ゆうゆう版画美術館祭り

 
目が覚めると、いつもより明るい部屋の中に僕はいた。
あぁ、、又、あの悪夢を見てしまっているのか、、、
恐る恐るスマホを手に取り、電源ボタンを押すと、、、
そこに表れた 8 06 の数字、、、
終わった、、遅刻だ。


こんばんは、iroiro7色です。
1つの選択肢を、作品にのせて表現してみることにします。
[悪夢を終らせる方法]

20181008205941311.jpg

(-_-)悪夢が深まるぞ!!
 


 
ゆうゆう版画美術館祭りの話、、、

かなり一店一店が余裕を持った並び方。

20181008210640962.jpg 20181008210731063.jpg

一般的なお祭り!と言うほど賑わいのある感じではありませんでした。
ゆるいフリーマーケットみたいな、、、ね。(悪口ではない)
 

暑かった昨日は、噴水が大人気でした。

20181008211301230.jpg

  

20181008211432659.jpg

この、不思議な鳥籠は[トビタテ木の実]。

玉川学園大学の芸術学部の方達が企画したものです。
鳥籠に吊るされた木の実をもいできて、中の木材に色塗りや木の実、花等で飾りつけて鳥を作る参加型のイベントです。
最後に、紙のお花に願いを書いて吊るし、、

参加した人にコスモスの種がついてくるわけです。
ここ版画美術館から、コスモスの花の種が作った鳥に運ばれ、、方々で開花する。

そんな、ちょっと夢のある取り組みみたいです、、、

 

コチラ、願い花です、、、

20181008211623036.jpg

(´・ω・`)おとうさん、きっとなれるよ!

君はなっていないけどね、、、(-_-;)

 

20181008211657874.jpg

( -_-)お姫様か、、けんすけ君、あきらめない心は大事だよ。

 

20181008211728233.jpg

( -_-)君は、、子供じゃないな!!

 

こんな感じで写真を撮っていたら、やりませんか!?と、声をかけられ、、

上記の説明を受け、折角のお祭りですからね、、と、なったわけです。

子供達の集団に大人1人入りました。

20181008211809064.jpg

( -_-)アトリエは台風が通過したような状況です。

 

僕に与えられた木材です、、、

自分で選んだ実ですから、文句を言うのは甚だおかしな事なんですが、、
この木の形から鳥をイメージしろと言われましてもねぇ~、、、

20181008211848647.jpg

(T^T)難易度高いの引いたー。

 

周囲のライバル達から『バーバーパパみたい♪』と、野次がとんできました。

イヤ、もしかしたら、、僕を指差して言っていたのかもしれません、、、

既に、熾烈な上下争いが始まっているんです。

こんな年端もいかない子供達に、紛いなりにも制作者が負けるわけにはいかないんです!

今こそ、キュウリやナスから牛や馬を作り上げる遺伝子を使う時なのだ!!

と、居丈高に言いたいことを発しましたが、、、

結果はこんな感じです。

20181008211925037.jpg

解る人には解る、(-_-;)芸術だからな、、

ププッ、なにあれ~♪( ´艸`))))

20181008211953479.jpg

 

でもね、子供さん達、、それぞれがそれぞれの個性から形を生み出して、、、

各々、凄い作品を作っていましたよ。

そんな中で、一緒に作れた事は、、本当に貴重な体験ができたのかもなぁ~、なんて

 思っています。

 

子供達が元気に育ちますように!!

敬意を込めて、願い花へ書かせてもらいました。

 ( -_-)こういうイベントをつないでいけるようにならないとなぁ~、、、




そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!! 

スポンサーサイト
18:50 | 展示会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
お花見と単純作業、、、 | top | [展示 永見由子 夢のしたく]へ、、

コメント

#
おはようございます!
お人形が好きなので いつも楽しく拝見しています。
今回の作品とっても素敵です。
あの木のかけらから こんなイメージを発想するんですね。
尊敬します。
by: tugumi365 | 2018/10/09 07:12 | URL [編集] | page top↑
# tugumi365様、、
おはようございます、コメントありがとうございます。m(__)m
楽しく見ていただけて幸いです。
 
木の作品は、始め鳩サブレをイメージして作っていたんですが、、
何かUMAが出来上がってました。
子供達の中で作っていて、、楽しんで作るのも大事なんだな。と、思わさせられました。
おかげでこんなに悪意の無い作品が作れたのかもしれません。
ただ、尊敬するほどのモノでは無いかと思いますよ、、、
(´・ω・`)あの人は、ほめると直ぐ図に乗っちゃうんですの、、、
 
また、お気軽に寄って下さい。
by: iroiro7色 | 2018/10/09 08:04 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/1602-d4962d09