FC2ブログ

芝居に行った話と、中野ブロードウェイの展示。

 

久々に芝居に誘われました。

今回出演する彼とは、二十代後半位からのつき合いだから、縁が無いとは言えないんだろうな~、、、

前は[タモリ倶楽部のどこでも酒場シリーズ(台所編)]みたいな、イベント的飲み会をしていたのですが、、最近は芝居繋がりの関係になってしまいました。

(´・ω・`)彼のサラダチキンとコーンフレークを使ったサラダは絶品でした。

 

何年前だったかの記憶に残っていませんが、、お互い料理の腕はあがっているんだろうなぁ~、、、

※画像はタッチすると大きく見れます。

(´・ω・`)顔が決まらないのです、、対話が足りないみたいです。

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

キットカットと横浜ハーパーのコラボ商品が今月始めに新発売になったんですが、、

横浜に展示を観に行った帰り、面白い展示で気分を良くしていたところをオススメされて、手に取ってしまいました。

(´・ω・`)好んで甘いもの食べないのにね、、、

 

そして今日、、

そうだ、コレを差し入れに持って行こう!と、思いつきました。

(´・ω・`)今朝までしっかり、冷蔵庫で冷やしておいたんだった、、、

 

若手の芝居でした、、、

何と言うのかな、、バラエティ番組を見せられているような感じのお芝居かな?

手品をテーマにしたお話なんですけど、、、

暗転時(場面転換)、出演者の一人が舞台端に出てきて、手品を見せてくれるのは面白い取り組みだと思いました。

最近の流行なのでしょうか?

どのシーンの舞台上も、凄い役者を置いてるんですよね。

コレは僕の問題になってしまうのですが、、

いっぱい出すと、それぞれに会話が増えてしまうから、、キャラクター付けができなくなってしまうんですよね、、、

五人以上いると、激しい脳トレ状態です、、聖徳太子ではないからね。

なので、漠然としか内容が理解できませんでした、、、

(´・ω・?)そう言えば、、昼御飯食べたっけか?

 

冗談はさて置き、呼んでくれた彼は1月に、イギリスの某スパイ映画をモチーフにした喜劇を演出兼役者として舞台を建てるのだとか。

彼のファンになった、デビュー作を自分なりに変えてやるのだそうです。

実は、その芝居を見て、僕は彼のファンになっていたりもしますので、、、

(*^ー^)非情に楽しみです♪

 

 

展示を見てきた話、、、

折角中野まで出たのですから、、ギャラリーも回ってこようかと思い立ちました。

どこって、中野サンプラザの中の展示ですよ!

[墓場ギャラリー]

なんでも、超人墓場らしいですよ、、、

(´・ω・`)横たわり動かぬ超人がいない性で、、腕が二本のままになってしまいました。

 

ウルトラマンの新しい映画のキャンペーン展示みたいです。

人が多いため、雑な撮影になっております、、、

 

日本酒がメジャーになってきたと言うことか、、日本酒コラボもしているみたいです。

埼玉の秩父錦、、特級みたいなのしか飲んでないので味は解りませんけど、、

焦臭さはぬぐえませんね。

 

もう一つ

こちらは[タコシエ]という、古本屋かな?

何で紹介するかというと、、人形の展示をしていたからです。

 

猟奇とエロの気配がある、余り好きな感じではありませんが、、、

最近、欠落美というのが少し盛り上がっていりような話を聞きますので、のせてみました。

(´・ω・`)まぁ、僕も両腕の無い姿を綺麗と思っていた事もありますからね、、、

 

今は変わっちゃいましたけどね、、、

だって欠落させるより、色々付け足す事が出来る訳じゃないですか?

それこそ、腕を六本。

自由に飛べる羽だって好きな形で作れちゃうんです。

足せるだけ足して、、新しい形だって生み出せるわけですよ、、、

結果、僕はそっちの方が好きかな。って話なだけなんですけどね、、、

(´・ω・`)批判ではなく、選択肢の話ですからね、、、

 

しかし、中野には混沌が残っていてくれて嬉しいです。

今日は丁度お祭りだったようですし、、ネタは尽きませんね。

 

最後にコチラの画像で失礼させてもらいます。

祭りの楽隊を撮った写真に、、とんでもないモノが写っていました。

( -_-)おわかりいただけたであろうか、、、?

手前に写る、ご老人の麦藁帽子の上に麦藁細工のカマキリ達が、、、

(´・ω・`)もっと育ちたいという、生き物達の怨念が写し出されたものと思われます、、、

ファッションだ!(-_- )

 

帰ってから気付いたんですよ、、どこで売ってるのか聞いてみたかったですね~、、、

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト



21:10 | 展示会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

展示 [町田 摩訶不思議人形館]の話

 

最近、ニュース見るのが億劫になってきまして、、

何というか、暗い話題ばっかりですからね~、、、

そんな中、ちょっとコレ凄いな!と、思ったニュースをあげさせてもらいます。

驚きです、色々な意味で。

インドで73歳の女性が出産されたそうです。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ

世界最高齢出産。

 

色んな意味で凄いですよね、、、

何よりも、母体、子供共に元気と言うのが凄いと思いました。

高齢出産はリスクが高いと言われていますが、一つの希望になればな~、、なんて思ってしまいました。

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

コレはね、勝手な妄想論ですが、、オカルト論かな、、、

出生率は、、ぱっと見緩やかな右肩下がりですよね、、

上がっている国も有るかもですけども、、、

おそらく、あり得ない話なんですけども、、

もし、これを遺伝子レベルで人類の危機!と、感じていて、、

適齢期超えても産める体をつくれるようになっているのだとしたら、生物の世界は凄いな!なんて思ったという話です。

(´・ω・`)インドに伝わる[カーマスートラ]の力かもしれない。

とある魚みたいに、雌雄逆転が起こる日が近いのかも、、、(-_-;)

 

 

展示を見てきた話、、、

今日は人形の展示の話です。

ちょっとここ数日、お付き合いに強制参加させられていまして、、

朝起きると胃がムカムカして頭の痛くなり、会社に行きたくなくなる病気にかかっておりまして、、、

ええ、例のあの病気です。

愚痴りますが、、

その方、お姉さんの付くお店によく行くけど、、飲み物節約するんですよ、、、

節約すると、[鏡月]になるわけで、、、

僕は鏡月合わないからね~、、、

で、一昨日、頭痛いまま起きて、支度して、職場に着いたら、、休みでね、、、

出落ちギャグ、[とんだうっかりさん]をやらかして帰路についたわけです。

(´・ω・`)早起きは三文の何とやら、、

に、するために、、こんな展示を見てきました。

 

前回あげた場所と同じなのですが、、、まだ前回は会期が始まってませんでした。

[町田パリオ3F 摩訶不思議人形館]

(*^ー^)それでは、行ってみましょう♪

(´・ω・`)実はこの作家さん、前の渋谷のNHKホールで展示されてました。

コレも何かの縁なのかもしれませんね、、、 

 

存在感と言うか、、圧力と言うか、、例えるのが難しい何かを持った作品達が並んでおりました。

前面の威圧感、背面のお茶目感?

お尻に顔が!、、、生まれるのか、生まれようとしているのか!?

 

顔は粘土、体等々は端切れの布等を使っているのだそうです。

 

独特です、、

でも、好きな人絶対いると思います。

 

何でも、絵本のイラストも描かれているとの事でした。

 

僕が一番好きなのは、この月です。

なんとふてぶてしいことか、、、

(´・ω・`)お前の親戚筋か?

コチラは[BA-90]と言うらしい、、、

 

作家さんとお話ししていると、、、

『子供は、見にきて泣く子が多いんですよね、、?』

「失礼なこと言いますけど、、、いいですか?」

『はい、どうぞ。』

「あの、、悪い夢に出てきそうな、、感じなのかな?、、ごめんなさいね。」

『あ、そうだと思います。でも、私そう言う感じで作ってますんで。』

「へぇ、そうなんですね。」

『イラスト描くのは結構規制気にしないとなんですが、、人形と言うか、芸術だったら自分を思いっきり表現して良い訳じゃないですか?なら、やりたいことやり過ぎなくらい、全部盛り込んでみようと。』

「あぁ、それ凄い良いと思います、、なんて言うか、この神秘的と言うか異端というかの空間が、造れている理由の原点がそこにありますもんね、、いや~、凄いです。」

(´・ω・`)そんな、面白いお話が聞けました。

 

好みは分かれると思いますが、好き嫌い別にして、、

日常から非日常に足を踏み込める、そんな風景が一気に変わる様な異空間を楽しめる場所だなぁ~、、

そう言う意味での見方をさせてくれたのは、非情に興味深かったです。

(´・ω・`)個人的には凄い面白かったです。

是非是非、近場に寄られたら、、覗いてみて下さい。

 

そんな感じ、、、今日も頑張りましょう!!

さ、今日はバイクで回るぞー。

12:55 | 展示会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

[町田パリオ 43万人の個展]へ、、、

 

1日、日をまたいだ話なのですが、、、

一昨日、横浜周辺凄い雨だったんです。

ニュースには少し取り上げられましたが、横浜駅が冠水したみたいです。

(´・ω・`)ま、あそこの駅は盆地型にしてるからね、、、

 

雷も凄かったんですよね、、そんな話を行きつけの定食屋で話したところ、、、

「激しい雨が降ったり止んだりで、雷なんて鳴らなかったなぁ~」だ、そうです。

横浜市は確か来年までだったかな?ピカチュウ(ポケモン)と協定を結んでいるから、、あの雷はきっと、、、

(´・ω・`)コレが僕の見立てです。

 

こんにちは、iroiro7色です。

子供の個人情報抜き取りのニュースがあがってました。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ

グーグル、ユーチューブで子供の情報違法収集

 

グーグルと言わず、ファーウェイ、ラインでもクレジットカード番号、電話番号の流出の様なこと騒がれてましたが、、

GPSをつけながら街中歩いて、カメラ画面でモンスターを捕まえるアプリはどうなのか気になるところです。 

 

 

本日は研修で子安駅の方まで行ってました。

初めの30分、何故か子安の歴史みたいな映像を見させられたのですが、、、

これが一番面白かったですね。

浦島太郎伝説が有ったのだそうです。

まぁ、所々色々な浜辺である話なのですが、、竜宮城から帰ってきた後の話があるみたいです。

ちょっと気になりました。

横浜のシルクロード上でもありますし、その辺りまで行ったら調べてみようかな?、、なんて思っとります。

次の休みが晴れてくれれば、すすめられるんですけどね、、、

 

帰り道、タイムリーな話ですが、、、

京急子安駅すぐ横の踏み切りが閉じたまま開かない状態が続いています。

(´・ω・`)あれ?こんな話聞いたことがある、、、

確かこの後踏切の真ん中で手招きされて、何故か歩き出してしまって轢死してしまうヤツでは!?

そんなふざけたことを考えている最中、踏み切りをくぐり抜ける男が1人。

真ん中に立ち左右の確認をすると、踏み切りを待つみんなに手招きをし始めました。

みんなの足が進み出す、、僕も皆に合わせて進み出す。

(´・ω・`)駅員さんだったからね、、、

横を通り過ぎるとき、「京急脱線事故で動いてません!」と、告知してました。

 

 

展示を見てきた話、、、 

大口駅まで歩き、町田に出て、、こんな展示を見てきました。

[43万人の個展]という展示です。

展示というか、昔[23万人の個展]という、お祭りをして、、街を一つにしようとした試みが有ったそうです。

そちらの説明は後ほど、、、

 

こちらの二つの画ですが、、

それぞれ、町田出身の芸術家なのだとか、、、

 

 

ここから23万人の個展の説明です。

 

 

 

 

 

そちらを解りやすく漫画にしたものの、下描きなのだとか、、、

 

 

 

 

 

 (´・ω・`)子供が試験反対のプラカードを持っているのは、面白いデモですよね、、

車椅子の画をありますが、パレードの時に車椅子先頭で、当時の町田市長がその後ろから押していた。という話が残っているそうです。

 

そして、こちらが43万人の個展の一番の取り組みでしょうか、、、

ここで各々描いた画を、壁に貼っていくというモノですね。

 

(´・ω・`)まだまだ貼れそうでした、、、

 

取り組みはおもしろいと思うのですが、宣伝がいまいちなのかな?と、思ってしまいました。

(´・ω・`)テーマも、もう少しハッキリさせた方が良いのかも。

過去の場所探せばまだまだ残っていたりもしますのでね、、それを照らし合わせるというのも面白いかな?なんて感じてしまいました。

 

(´・ω・`)こういうところとかね、、、

 

少し雑ですが、、今日はここまで、、、

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

14:00 | 展示会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年最後の[中野歴史民俗資料館]

 

朝晩は涼しくなりましたが、、今日の昼は茹だる様な暑さでした。

駅に向かう途中、鳩がこんな格好をしていて、、この暑さには勝てないのかな~?

なんて、近付いたら、、、『んっ、だよー!』と迷惑そうに立ち上がり逃げていきました。

布団の様に日干しして、殺菌殺虫しているだけみたいでした、、、

(((((彡 ・)>ポッポっとけよ、コノヤロー!!

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

今日は[中野歴史民俗資料館]の井上円了さんの展示最終日です、、、

結局、最終日迄行けてませんでした。

でもな~、、、中野の沼袋駅から大分歩くんですよ。

(´・ω・`)西友により、古本屋により、、

処々、涼みながら進んでいても、、もう無理!と、コンビニで一休みです。

何年振りかの爽です。

( ´艸`)いやー、コンビニのイートスペースは、夏場に良いね。

  

汗も引き、冷気も溜まり、、その後は無事に到着です。

 

円了さんの作品集だと思っていましたが、、夏らしいてんじでした。

[概要等々]

 

 

画像が多いため、今回は凄いな!と、思った作品2つしかあげれませんけど、、凄い良かったです。

(´・ω・`)人も妖怪も集まりゃ、楽しい雰囲気ですな、、、素敵な蒔絵だと思います。

  

コレはびっくりしましたが、、幽霊の木彫ですよ。

天狗も有るのですが、、既に画像縮小状態で、あげれませんでした。

 

 

(´・ω・`)うらめしや、は、手が下に向いていないといけないのだとか、、、

 

凄いショッキングな話なのですが、、、

この中野歴史民俗資料館は今日から改装に入るそうで、、来年の3月末まで展示はしないのだとか、、、

沢山面白い作品が展示されて、無料のこの空間。

どれだけ勉強させて貰えたことか、、感謝の言葉もありません。

でも、早く新しくなって戻ってきて欲しいです。

僕はここのコンセプトに心の何かが合致するんですよね、、

(´・ω・`)新しくなったココで個展とかさせてもらえたらうれしいんですけども、、、

 

今日はそんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

23:35 | 展示会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

八王子~横浜 絹の道を歩く①

 

昨日、近所のお米屋さんに向かったところ、、もうコシヒカリの新米が売られていて驚いてしまいました。

「早いですね?」と聞いたところ、、

『いつもこれくらいだよ?』と返されまして、、、

何でも8月半ば過ぎに、西側から徐々に出荷されるのだとか、、ちなみに宮崎県産でした。

今年関東の梅雨明けがかなり遅れたおかげで雨が多く、その後天候に恵まれたから、、米が期待できるかも、、とも言ってましたね。

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

お米繋がりのお話で、、先日、酒米を食べさせてもらったんです。

酒米は、炊いてもあんまり美味しくないとの事ですが、、コレが結構美味しかったんですよね。

  

(´・ω・`)採った場所は違いますが、右のお酒は雄町を使ったモノです、、美味しいです。

(´・ω・`)冷や飯で食べる分には全然いけます。

 

 

昨日、バイクでDVDを返却したついでに、、ドライブがてら八王子迄出向いてみました。

今、横浜美術館で、[原三溪展]という展示をやっています。

美術品のコレクターであり、パトロンであり、美術家、茶人でもある方で、関東大震災の時には横浜に土地を譲ったりされた方です。

そして、その原三溪の家が財を成したのが、養蚕でした。

そして、三溪園という庭園では今、企画として古民家を使って養蚕を始めたのだとか、、

折角そんなシルクロードが有るのなら、ちょっと調べてみようと思い立ちまして、、、

そんな神奈川県のシルクロードの始まりである、八王子に降りたったのであります。

 

[絹の道資料館]

丁度、こういった資料館もあるので、、過去を掘り起こす意味で、、現在はどのような形で残っているのか?

先ずはここ鑓水という地域から、色々情報収集です。

鑓水と言う地域は、湧水が豊富な場所で、、昔、多摩丘陵の斜面に槍の様に尖らせた竹筒を打ち込んで飲料水を得ていた。この方法[やりみず]が地名の由来になったと言われています。

現在でも水質が良い様で、ホタルもいるような事も書かれていました。

郷土資料館に昔の子供の遊びとして、ホタル籠と言うモノを稲藁で作っていたのだとか、、、

コレを見ると、昔の人の方が器用だったのは一目瞭然ですね。

 

また、八王子では[目籠(メカイ)]という篠竹を割いて水に漬け、柔らかくしたものを編んでいく伝統工芸もあります。八王子から全国にこの籠が広まって行ったとのことでした。

戦時中の物の無い時に、その技術を使って、ランドセルも作っていたみたいです。

(´・ω・`)こう言ってはなんですが、、これはこれでありですよね?

 

さてさて、話が長くなってしまいました。

それでは資料館を見ていきましょう♪

概要と内観です。

 

 

今回は10個のテーマの3つをあげていきます。

 

まず、八王子の養蚕が盛んだったという事で、、

六斉市という織物系のマーケットが盛んに開かれていたとの事、、

また、絹信仰が盛んだった事が説明されてます。

機守様と、カミを神でなく守で呼んでますので、、機織り専門のカミ様、と言うことなのでしょうか?

[白滝姫]がここでの機守様なのでしょうね、、、Wikipediaの桐生織に白滝姫の概要が載っています。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラです。

[桐生織 白滝姫 Wikipedia]

(´・ω・`)織物は女性の仕事、そして腕が良いとそれなりのお金が入って来たのだとか、、、

  

二番目はどの様に養蚕が発展していったかです。

  

以外にも、始めは輸入に頼っていたんですね。

江戸中期迄、庶民に絹は高嶺の花という事だったんでしょうかね、、、

(´・ω・`)礼服みたいに持っていても着ないとか、、、?

蚕はある程度高い温度を維持する方が発育が良いそうです。

それまでは人それぞれの勘便りだったのが、、、

ここで、安定した供給が約束される、画期的なアイテムが生み出された訳です。

  

今回最後三番は、鑓水地方の話です。

  

見ての通りの税金の搾取による貧困が文章の端々から感じられます。

お金持ちの考え方と、労働者の考え方の格差とでも言いましょうか、、、

実際、田畑を放棄して小作人として生き、他でお金を稼ぐ人達も多かったみたいです。

地図

その形が、続いた結果、、

様々な職業を掛け持つ体制が生まれてしまいます。

一つの職業では食べれない、食べても満足行かない、、だから時間の限界まで仕事をして何とか家計を回す、、、

南米っぽいな~、、なんて思ってしまいました。

次回は、どの様に養蚕が広がっていくか、、に続きます。

 

さて、、最後に、作品で蚕当計の補足を入れて〆させてもらいます。

 

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

23:00 | 展示会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑