FC2ブログ

鴨居を探索、、⑤

 

 

先日のコオロギビールのクラウドファンディングは無事に目標金額を集めることができたみたいです。

新ジャンルと言うか、昔の文化の刷り直しといった感じの食材ですが、、かなり凄い盛り上がりになっているのかな?

20日に、無印良品のコオロギ煎餅の再販が始まって、、こちらも完売してますもんね、、、

一時的な盛り上がりで終わるのか、継続的に続いていくのか、、気になるところです。

 

 

こんにちは、iroiro7色です。

今年の虫の盛り上がりは、食べ物だけでは無いようですね、、、

アフリカ~インドの 蝗害、、

中国~の ツマジロクサヨトウ、、

日本では山梨近辺でカメムシが大量発生しているのだとか、、、

そして、南米大陸でも蝗害が表れたのだそうです。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、、

[南米大陸でも蝗害、、アルゼンチンで4000万匹のバッタが、、、]

(´・ω・`)先物取引しといたら儲かれるかな、、?

ただ、アフリカの蝗害は一定の周期で起こる事みたいですし(今回の数は多い様)、、南米でも同じ様に起こっていたことが、、最近は虫の盛り上がりが良いからと、たまたま取り上げられたらだけ、、とも考えられるかもしれませんよね。

(。・ω・。)でも、南米で蝶の群れが方々の国を渡る。と言うのは知っていましたけど、バッタが渡ってくると言うのは初めて聞きましたねー、、、

しかも、向こうはこれから乾季で寒くなって行きますから南下しているのなら、、場所によっては自然に淘汰されそうな気がします。

 

 

フィールドワーク的な話、、、

鴨居の探索の続きです、、制作が進んでませんので。

と言うか、粘土を盛って削る作業の繰り返しなので、、見た目の変化が全く無いのです、、言い訳じゃないですよ、、、時間が足りないだけなんです。σ(^_^;

さて、今回は[鴨居原遺跡]と言う場所へ、、、

この神社から一番近いから選んだだけなのですが、、

とは言え20分位の徒歩が続きます。

(゚◇゚)真っ直ぐな道が多いような、、気のせいかな、、、

 

大分歩いた先で、、大分視界が開けてました。

旧鎌倉道と表記された場所の近くに、、、

  

 

鴨居原遺跡の看板が、、、

今はもう埋め戻されているみたいで、、聞いた話では、この辺りの畑一体にある筈だよ。との事。

ここにも、、

そこにも、、

あそこにも、、と言う事みたいです。

色んなお野菜があるのですが、、この路地売りは無いのだそうで、少し残念に思いました。

 

黄色いのはカタバミの花でしょうか?アジサイは解るんですが、、、

 

畑の囲まれた中に、ひっそりと社がありました。

手を合わせて、中をのぞくと、、狐の御神体が、、、お稲荷さんみたいです。

その横に広く梅園が広がっていました、、

もう実は採り尽くされてしまっていますが、、新しく、来年の梅の花見の場所が見つかって嬉しく思いました。

(。・ω・。)長閑なお散歩でした。

 

そんな感じ、、、今日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト



16:00 | フィールドワーク | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鴨居を探索、、④

 

 

僕の先生が、骨董の治しは面倒くさい、、労力と金額が釣り合わないから、やるもんじゃない。と、言われていましたが、、、やはりそう言うことなんでしょうかね?

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、、

[素人が絵画を修復しようとして大失敗]

σ(^_^;文化財をここまで変化させてしまう事はいけないと思いますが、、ある意味、コレは真似できない絵画ではないかな?と、思ってもしまいます。

原画があってこそ栄える部分はあるかもしれませんけどね、、、正直、吹き出してしまいました。

(゚◇゚)しかし、スマホ等で原画を撮っとかないモノなのかね?

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

うちの先生は時代のある市松人形の治しをされた時、、

治して。と言われた所以外も治してしまい、、凄いクレームを食らったそうです。

曰く、人形がかわいそうだった。との事ですが、、お金が絡むと事が難しくなるんだなぁ~、、なんて思いましたね。

 

 

フィールドワーク的な話、、、

鴨居周辺の探索ですね、、定期圏内、懐に優しい散歩日記みたいな感じ、、、

今回は杉山神社へ向かうことに、、、

o(^-^)oそれでは行ってみましょう♪

駅から車通りの多い道を進んだ先にこんな感じの看板が建てられています。

住宅街が多く、近くに小学校もあるので、、結構子供達がはしゃぎ回っていました。

 

 

山を切り開いて道を作ったのか、、行き止まりというのが結構多く、バイクや車で細い道を進むのは、かなりリスクがありそうです。

さ、鳥居が見えてきました。

 

(゚Д゚)長そうな階段が見えてきた、、、

 

今回の鴨居の一番最初に向かったのは[岩岡家の長屋門]という場所でしたね、、

そこに縁のある鴨居天満宮も、今は杉山神社に遷座されています。

(゚◇゚)さ、長い会談をのぼりますか、、、

 

苔むした狛犬がお出迎えです。

後ろに社務所とは別の会館風の建物がありますが、、

この中に、噂の大絵馬があるのでしょうか?

(´・ω・`)コロナのせいかは解りませんが、、社務所共々人気はありませんでした。

 

本殿が見えましたが、、、

ちょっと面白いな、と思ったのは、、階段をあがって正面にあるのではなく、少し斜に構えているのが気になるところです、、、

 

神社の説明にも、その辺りの事は書かれていませんでした、、

もしかして、背面に大山でもあるのでしょうか?

(。・ω・。)多摩川から向こうに杉山神社が無いと言うのも面白いですよね、、なんでたろ?

 

看板に書かれる様に、本殿後ろに社の様なモノが、、道がありそうなんですが、、、汗ダルマになっても見つかりませんでした。

 

太平洋戦争と日露戦争の慰霊碑もありました。

太平洋戦争時、鴨居は百戸に満たぬ、、と書かれています。

当時の日本の人口も今より全然少なかったのですが、、それでもそこまで大きな村ではなかったんでしょうね、、、

戦争はよろしくないですが、あなた方のおかげで、、日本は今のところ平和を保てています。

(´・人・`)ありがとうございます。

 

鴨居の散歩は歩くのはハードですが、、諸処行く場所で発見があって勉強になります。

 

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

23:30 | フィールドワーク | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鴨居駅を探索、、③

 

 

 
  
( ´艸`)読んどけよな↓↓↓↓

[盗めるアート展]

   あ、うん。(´・ω・`)

 

 

 

おはようございます、iroiro7色です。

展示物が無くなり次第終了と言う、、何とも不思議な展示の話でした。

本当に持って帰って良いの?とか、、色々と突っ込んでみたいところはあるんですが、、、

でも、コレって、、展示する側が楽しんでると思うんですよね。

倫理と道徳の狭間で揺れ動く人間を観察できるもん、、あと、コレは動画かなんかで配信するつもりもあるんじゃないのかな?とも、思うんですよね。

もうさ、観客側も観客側で、、片目ウインクした猫のカードを送りつけたり、、シルクハットに燕尾服と片眼鏡の姿で会場に赴いたりして、楽しんだ方が良いかもしれません。

後は、誰が持ってくの?という展示物とかね、、、

曰わくありげな作品とかさ、、無数に貼られた御札と細い注連縄でぐるぐる巻きになった市松人形みたいな、、、

人形作る側が、こんな事言うのはいけないことなんですけども、、、

日本には 人形=恐い と言う刷り込みのあると思うんですよね、、なら、その刷り込みのままのモノを作ってみるのも、1つの表現ではあるんじゃないかと。

(゚◇゚)あくまでも自己責任、、

 

 

フィールドワーク的な話、、、

昨日の続きですね、、ごはん塚~鴨居駅に向かう途中のスポットをあげていきたいと思います。

と言って、あんまり下調べができているわけではないので、、犬棒感覚で歩いてみることに、、、

o(^-^)oま、行ってみましょう♪

 

ともかく山を下って通りに出ます、、、

 

知らない花を発見しました、、

[Plantnet]というアプリで画像を取り込んで調べてみると、、

[ベニバナサワギキョウ]、[タイマツバナ]ちかいかな?と、、、

(゚◇゚)便利なアプリがあるもんです、、

 

そのまま通りを下りの方へ、下りの方へと進んでいくと、、map上に[女神像地神塔]と出てきました。

鴨居に女神像って、、歩いて棒に当たった気がします、、、

[女神像地神塔]

地神とは、元々は地天という仏教(密教)の大地の神様みたいです。

仏教上では基本は女神、若しくは女形の男神と記録にあるのだとか、、

横浜での地神は、男の姿が多かったと看板に書かれていますから、、

その中ではかなり珍しいモノとされているみたいです。

(´・ω・`)家を建てるときの地鎮祭で祀る神様なのだとか、、、

  

女神像は右、真ん中に道祖神、左側は馬頭観音かな?て、思いましたが、、おそらく青面金剛かと、、

 

女神像が造られたのは、、

亨和3年=1803年 の事なのだそうです。

顔が傷つけられてますね、、不心得者がいるもんだ。

台座に名前が色々な方の名前が掘ってあります、、

金子家は、途中の山にお墓があるのを確認しましたから、、昔から続く地主さん達なのかもしれません。

 

 

こちらが[青面金剛(青面金剛明王)]です。

頭に馬の顔もありませんし、足場に夜叉がいて、、その下に三猿が居ることからの予想です。

 

宝暦八歳(年)=1758年

庚申と書かれています、、庚申信仰という意味ですよね、、、

 

元々、密教色が強めなのかもしれません、、そのため地神に変わる時に女神の姿で残されたのかな?と、勝手に推測してみました。

 

因みに、直ぐ脇に神社があります。

鳥居に正一位と書かれていますね、、神社で言う正一位は、神社会の最高位を表すのだとか、、、

しかし、神社の歴史に関しては残っていませんでした。

お賽銭を投入する際、社の中を覗かせてもらいましたところ、、オキツネ様がチョコンと鎮座されてました。

お稲荷さんみたいですね、、、

ちゃんと整理されてますし、カップ酒も備えてありますから、、歴史はどうあれ、今でも大切にされている感じかな。

  

( ´艸`)お稲荷さんと言えば、、兵庫県の方でちょっとした悪さをしたキツネさんが居ましたよね。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、、

[いたずらキツネの靴泥棒。]

何でも、日頃から使用している靴には、、人間の油分が微生物によって分解され、タンパク質の腐った臭いに近付く為、子ギツネの餌用に持ってきてしまっているのだとか、、、

同時に独占欲が強いとも書かれていますから、、盗ったモノを盗られ、また盗り返しに行く、、、と言う堂々巡りになっているのかもしれませんね。

まぁ、幾ら盗っても、、子ギツネは食べれないわけなんだけども、、、

(゚◇゚)チャップリンは煮込んで靴を食べてましたから、皮靴なら、、なんてね。

しかし、またやられた、、と文句は言っても、、、

年功行事として、靴の回収が作られているのには、、ちょっと優しさを感じてしまいます。

相手も生き物ですからね、、譲れないところがあるのは理解してあげてるのでしょうか、、、

(゚◇゚)随分関係ない話になってしまいましたね、、

 

そんな感じ、、、今日も頑張りましょう!!

11:10 | フィールドワーク | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鴨居駅を探索、、②

 

到着しましたねー、、崎陽軒の冷寒タオルケット。

モノの確認をしたところ、、裏面にシュウマイ弁当の中味がプリントされていました。

なんかとてもユニークだな♪ と微笑んでしまいます、、、

こういうTシャツがあっても面白いかもな、とも思ってしまいました。

(゚◇゚)着てる人は周りから、食いしん坊なんだろうなぁ~、と思われるけど、、見てて不快にはならないでしょうから、宣伝効果は期待できるのでは、、と。

 

σ(^_^;と言うか自分が、シウマイ弁当を食べたくなってるだけなんだけど、、、

送料無料にするために、、一応、真空パックのシウマイは頼んでいたんですけどね、、、

常温で3ヶ月保存が可能です。

 

なんか、おまけで干し貝柱が付いてきまして、、

レシピまで付いてきました。

o(^-^)o炊き込みご飯は魅力的ですね、、、

炊き上がりに甘く煮込んだタケノコと刺身用のホタテを混ぜ込んだら美味そうです、、、

(゚◇゚)それこそ、シウマイ弁当の煮タケノコを入れるのなんて魅力的かも、、、

  

 

こんにちは、iroiro7色です。

制作なんですけどね、、近隣の世界堂で胡粉(ゴフン)が売ってないんですよね、、、

いつも[習作用胡粉]という物を扱っているんですけども、、最寄りの世界堂には無かった。

通販もね、習作用が出てこない感じでして、、、

ともかくも、代わりのをと調べまして、、コレどうかな?と、、、

100mlで¥880は結構いい値段なんです、、でも、他の胡粉使って色々と試すよりは時間が掛からないと思うんで、、、

(-_-)簡易的な作り方は編み出しましたけど、胡粉と水が落ち着くまで時間が掛かります、、下塗りはできますけどね。

明けの明日、新宿の本店に行ってみようかな、、で、そのままリニューアルした中野の歴史民俗資料館に足を向けようか、、、

 

フィールドワーク的な話、、、 

と、言うわけで、、本日も昨日の続きでいかせてもらいます。

本日は[ごはん塚]という場所へ、、

ごはんの塚って何!?と、気になりますよね?

(^-^)それでは行ってみましょう♪

 

Googlemap曰く、鴨居駅から1.7km との事、、上り坂が続き、おまけに30℃近い暑さです。

出費になってしまいますが、行きはバスを使わせてもらいました。

119番(救急車ではない)のバスに乗り、鴨居7丁目へ、、、

到着地点は、山を切り開いた畑が至るところにあります。

その一つの山の上へ向かうことに、、、

 

ごはん塚入口の目印を発見。

(*_*)と言うか、少し迷って発見です。 この小道を右に入ると塚へ、、、

 

山自体は、大した高さではありませんが、、街を見下ろすことができます。

 

ごはん塚に到着。

鎌倉時代初期の武将[畠山重忠]が、二俣川(鶴ヶ峰)の戦いで敗れて討死。、、一部の仲間が、ここまで逃げ延びるも、この地で討たれたという話です。

(゚◇゚)ここには五つの塚を建てて、ごはん塚と、、と書かれていますが、、、

討たれるときごはんを食べていたから、、、

塚がごはんの様に盛り上げられていたから、、、

と、色々な逸話が残っていて、、何が正しいのかははっきりしていないのだそうです。

因みに塚は、土を盛り上げて埋葬する事で、、墓は穴を掘って埋葬する事なのだそうです。

この碑には、村人達がその霊達を慰めるため五つの塚を、、、と、書かれています。

村人達が塚を建てる程、凄惨な落武者狩りが行われていたのか、、、

そこに村人達が関わってしまっていたからか、、、

そんな事をふと思い付いて、、、何か後者の側だったんじゃないかな?と、勝手に妄想してしまいました。

そして、年に一度、ここの塚で供養祭が今でも続いているのだそうです。

二俣川の戦いは1205年の出来事で、今は2020年、、800年を過ぎても供養が続けられているのを考えると、戦争の根っこ深いものだと考えさせられました。

(-_-)当初、食べ物を祀る塚なのかな、面白いものがあるな、、程度の考えで向かったモノでして、、、正直、驚いてしまいました。

そんな感じ、、、今日も頑張りましょう!!

15:45 | フィールドワーク | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鴨居駅を探索、、、

 
 

朝はまだ過ごしやすいんですが、、、

昼を過ぎる頃には、蒸し蒸しの暑~い世界に変わってしまいます。

まぁ、僕なんかは全然平気なんです、、汗をかいてブーブー文句を言うだけですからね。

問題はうちのウサギなんですよね、、3歳ですから、、人間で言うと30代半ば位になるらしいのですが、、、

ぼちぼち気を使ってあげないと、と言うか、、泊まりの仕事の日に、部屋に閉じ込めっぱなしになっちゃいますからね、、、

(´・ω・`)、、、、

 

で、、ネットの広告で、こんな物を見つけたんですね、、、


パーソナルクーラーとありますが、、気化熱を使って冷却した空気を送るのだそうです。

水漏れが凄い等々、レビューはかなり散々なものですが、どの程度涼しくなるんでしょうね?

ペット用ですから、涼しくなり過ぎるのは問題だと思いますし、、12時間で自動的に電源が切れる仕様になっているのは、使えるかな、、と。

この手の扇風機タイプのタイマーって、長くても4時間が限度な気がするので、、そこだけでも買いなのかな?と、思うんです。

(゚◇゚)ちゃんと電気量販店を覗いて、、しっかり色々勉強しますけどね、、、

 

 

おはようございます、iroiro7色です。

6月も半ばを過ぎ、七夕も近いな~、、なんて思い始めていたのですが、、

近隣各県の七夕祭りは軒並み中止なのだとか、、、

関東三大七夕祭りと言われている、神奈川県平塚市の七夕祭り、埼玉県狭山市の七夕祭り、千葉県茂原市の七夕祭り、、も全部駄目みたい。

(゚◇゚)織姫様も彦星様もマスクを使われている様です、、

 

 

フィールドワーク的な話、、、

定期圏内フィールドワーク(お散歩)、、今回は鴨居駅をたんさくします。

曰わく、鴨が居たところ、、が地名の由来との事です。

鶴見川と恩田川(麻生川)の合流点との事ですから、、川溜まりや湾処(ワンド)が有って、鴨が生活しやすかったのかもしれませんね、、、

当時は鴨肉料理も盛んだったのでしょうか、、?

(゚◇゚)現存する店はあるかな?と、調べてみるも、、横浜駅に一軒あるくらいでした。

 

鴨の姿は見れませんでしたが、、、

↓こんな鳥を見ることはできました。↓

(゚◇゚)ツバメの巣を作る家は繁栄する、、豊作になる、、なんて言い伝えもありますもんね。

何よりは、、世知辛くなっても巣を作る事を許している駅の人達の優しさに、心が満たされた感じがしました。

うちの最寄りは撤去してますからね、、、

 

鴨居周辺の地図ですね、、、

 

今日の目的地は駅を降りて直ぐの岩岡家の長屋門という場所です。

(゚◇゚)途上にお地蔵さんの祠がありました、、横浜線沿線はお地蔵様が多い気が、、、

 

この丘の上が目的地です、、

紫陽花か植えてありますね、、とても綺麗です。

 

 

コチラ、説明書き、、

この辺の名家は岩岡家ということでしょうか、、、

 

ただ、個人宅と言うのもありますので、、余り踏み入らないように。との事。

 

少し離れた場所から撮影させてもらいました。

(´・ω・`)なんとなく感じたのは、、鴨居は起伏が激しい感じがします、、、

夏前に、たくましくなれるでしょうか?

σ(^_^;初回はこんな感じで、、、

 

今日も頑張りましょう!!

11:20 | フィールドワーク | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑