FC2ブログ

横浜で浦島太郎をたどる、、②

 

早速ね、行きつけの日本酒BARに顔を出してきました、、、

いつもより灯りも暗く、空調も回っていない状況でしたが、、客は来るな!ではなく、あえて居づらい空間をつくっているのだとか、、、

ま、モノは言いよう、、酒は寛容ってね、、、

プレゼントを渡した後、30分コースを試すことに、、、

(´・ω・`)あくまでも飲み屋の話です、、、

 

今月のオススメはこんな感じみたいです。

『日本酒に合う飴なんだそうです。』と、例の飴を渡すと、、

「こういうので飲んでお酒を楽しむの好きなんですよ♪」と、返されてしまい、、、

美味しくないんです、、と言いづらくなって、、、

『合うお酒あったら次回教えてくださいね~』、、なんて言ってしまいました。

 

(´・ω・`)左は日高見の山田錦の父と言われるお米を使ったお酒、、どっしり感がありました。

右側は、石川県の西出酒造の金の料理酒なんですが、、酸味と旨味があるけど凄いすっきりしている味わいでびっくりしました。

o(^-^)oキンキンに冷やして飲むと、梅雨時のジメジメムシムシをぶっ飛ばせそうです。

マスター曰く、余ったお酒を合わせて熟成させたお酒なんだと思う、、との事で、僕は好きな味だったので買ってしまいました。

(゚◇゚)しかも、一本1Lで¥700だったかな?料理酒としては安いのではないでしょうか?

 

 

さてさて、昨日の続きと行きましょうか、、、

昨日は子安駅の海側でしたが、、今回は少し陸の方へ進みます、、、

子安駅の踏切を渡りきった場所に老夫婦の経営する、そばとうどんの店があるのですが、、、

なんかね、ここの店の感じが好きでね、、昭和の懐かしさを引き継いでいるというかな、、、

個人的に美味しさが倍増してしまう店なんです。

σ(^_^;普通に美味しいし、値段も手頃だと思ってますけどね、、、

 

 

その店の向かいに地下に続く階段があり、、更に陸側に向かえるんですね、、、

そこを左に進み、第二京浜道路に向かいます、、、

(´・ω・`)右側に進むと大口商店街に入ります。

 

(´・ω・`)道を進んだ先に蛇の目寿司と言うお寿司屋さんがありました。

 

 

第二京浜道路を横浜方面へ向かう途中のお寺さん、、ここが目的地です。

[蓮法寺]

 

 

階段が凄いね、、敷居の高さを感じます、、、

門扉には、亀の家紋が掘られていました。

 

 

こちらは、蓮法寺の浦島太郎にまつわる看板です。

ここでは、竜宮城から帰った浦島が、、竜宮に戻った伝説から、浦島大明神が奉られている。と、書かれていますね、、、

 

入場できないので遠目からの撮影です。

二つの塔の真ん中後ろに、二重に重なる亀の像があります。

その手前が、乙姫なのでしょうね、、、

 

すぐ右側に、亀に乗った乙姫像が、、、

 

真反対の左側には、地元の漁師さん達の供養塔も建っています。

漁の盛んな街だったんでしょうね、、、

 

で、ここに二つの社があります。

1つは浦島大明神なのでしょうが、、もう1つはなんなのでしょうか?

(´・ω・`)乙姫か、龍神様かな?

 

参拝を忘れちゃいけませんね、、、

手洗い場には乙姫が、、

(´・ω・`)ちなみに、上の看板で書いてある観福寺は火災でなくなり、親交のあった蓮法事ともう1つのお寺に資料は分けられたとの話です。

 

境内には、石庭がありました、、恐らくは海を表しているんでしょうね、、、

  

こちらが本殿、、お参りをしますと、、、

 

賽銭箱の横にこんなチラシが、、、

玉手箱御守、、、

箱の中に色々な御守りが入っているのだとか、、、

(´・ω・`)煙は、、出てこないよね?

 

ま、本日はこんなところで、、、

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト



22:20 | フィールドワーク | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フィールドワーク 横浜で浦島太郎をたどる、、①

 

 

6月が始まりましたね、、月の切り替わりと共に、世の中のネガティブも切り替わらないものでしょうかね、、、

さて、煽りは煽りだけど、ちょっと面白い煽りだな、、と思いまして、、、

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、、

[黒川麻雀]

テンピンとは、1000点→¥100 の事です。

(´・ω・`)20人位集まったらしいので、、できれば最後に開き直って上位3人+黒川元検事で囲んで欲しかったなぁ~、、なんてね。

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

今日から、行きつけの日本酒BARがお店を開ける様なのですが、、なんと、1人30分迄!と言う時間制限がつけられてしまっているのだとか、、、

そこまで敏感になる必要あるのかな?と、思ってしまうのですが、、、

(´・ω・`)まぁ、僕の城ではありませんからね。

 

でね、あけましておめでとう開店祝いにと、少し前に話題であげた変わったおつまみを頼みましてね、、

それが届いたんです、、、飴って軽いのね、、思った以上に量に驚きと喜びを感じてしまいました。

4袋幾らでの販売でしたし、、、一応は味を試しておこうかな、と言うことにしたんです。

[キャンディ専門店が本気で作った、日本酒に合うキャンディ]

 (^。^;)カツオ、出汁、ショウガ、塩辛、とバラエティーに富んでいますが、、、

これがね単体で食べると、あんまり美味しくないんですよ。

でもこれは、日本酒と一緒に飲んだ時こそ、真価が問われる飴ですからね、、郷に入っては郷に従えです。と、期待を胸に日本酒のアテにしたんですが、、、

σ(^_^;、、、現実は甘くない、、いや飴だから甘いんだ、、周りは甘く、中がしょっぱい感じ + モノの香り なんですが、、その味わいの変化と香りが、この日本酒を殺してしまうんだよね、、、

(゚◇゚)新しい挑戦は素敵だとおもってますからね。

ま、色んな日本酒で挑戦していませんから、明日、日本酒BARに持ち込んで色々と楽しんでみます、、、

(´・ω・`)お祝いで一袋だから、、残り三袋か~、、、

(´・ω・`)何をしても、それについて悪く言う人がどこかにいる、、悲しいことだけど、それが現実。

(マイケル ジャクソン)

 

 

さてと、、自粛は解除されているのですが、、美術館やギャラリーは軒並み閉めてしまっているこの状況。

今回も通勤定期圏内フィールドワークの様な事をあげさせてもらいます。

 

今回は東神奈川駅~大口、子安駅周辺の探索です。

会社の研修の時に見せられたビデオ(リアルビデオです)で、横浜近辺は浦島太郎伝説が残っている。と、初めて聞き、ずっと興味があったので、今回そういった縁の地を回ってみよう!と、思い立った訳です。

神奈川新町駅から歩くのがオススメとの事ですが、定期圏内の縛り持ちの身ですから、、東神奈川駅~神奈川新町駅まで歩く事にしました。

(´・ω・`)ゲーム性を上げて楽しみが増えると思ってましたが、、只々疲れました。

 

神奈川新町駅改札を抜けて直ぐの車止めに亀の模様がついています。

実は東神奈川駅~歩いている時にも見つけています。(右)

 

(´・ω・`)それだけ、この周辺に根付いている、、と言うことなのかな?

 

神奈川新町の紹介がされています。

この周辺は、普通に歴史が深く、、浦島以外にも、沢山回れるモノがありそうな気がします。

 

いざ出発の前に、少し遅い朝食を、、

ロッテリアのソイミートバーガードリンクセットです。

ヘルシー食材で簡単にね、、、

( ̄○ ̄)腹が減ってはやる気が起きぬ、腹を満たすと眠くなる、、ってね。

 

ロッテリアの大豆肉の味は、、、普通に美味しい。

モスより大豆感がありますが、十分美味しいです。

ケチャップとの相性が抜群でした。

(゚◇゚)コレのチーズバーガーもあります、、多分チーズあった方が美味いと思う。

 

さ、満たされたら歩きます、子安駅の方へ向かうのですが、、

亀があるから根付いてる。と、安直に言ってるだけではないのです。

こんな風に、浦島町と言う地名が残っていたり、、

 

浦島橋と言う橋がかかっていたりね、、

(゚◇゚)東神奈川~大口へ向かう電車の中から外を見ていると、浦島運送なんて会社も見えたりね、、、

 

新浦島橋の上から撮ったしゃしんです。

今は運河になっていて、橋をつないだ先は高度成長期にできた埋め立て地なのだとか、、、

(゚◇゚)元々はこの船着き場から先(右側)は海だったと言う話。

埋め立て地の上には工場が建てられ、、海に工場の汚水を垂れ流ししてヘドロだらけの状態にしたんだそうです。

漁協や漁師の関係者はお金を払ってヘドロを取り除き、工場と話し合いを持とうとしたのですが、向こうは構わず垂れ流しを続け、、最悪の鼬ごっこになっていたそうですが、、、

(´・ω・`)その話は関係ありませんから、ここまでにします。

 

さて、これから向かう場所は[浦島の井戸]と言う場所です。

昔、浦島太郎が舟の漁から帰ってきた時に、足を洗ったと言う伝説が残っているのだとか、、、

まぁ、足洗いだけでなく生活用水にも使っていたのでしょうけどね。

Google Mapsにお任せして、運河の横の子安通りと言う道路を歩いていきます。

 

と言って、古い街並み、、東京の下町に負けず劣らずな細い脇道が、碁盤のように走っています。

ヽ(゚Д゚)ノGoogle Maps様は、私めに、ここを通れと?

どう見てもよそ様の敷地なんです、、只、奥に色々な方々のお家があるので、、通りっちゃ、通りかもしれないけどさ、、コロナ禍で皆気が立っていますからね、、、

もちろん、ほかの道を探しました。

少し先に行って、割と大きめ(?)の道を通り探していると、、違う井戸を発見。

 

 

その道進んで、さっきの場所の近くに来たら、、、

ありましたよ、浦島の井戸(右↓)。

これと言って札が立っていたりするわけではないですし、、アパートの敷地の中なんです。

でね、井戸の先の木の間を抜けると、、さっきの場所の近くに出ました、、、

何でだろうね、、子供の頃の探検の様なこの気持ちは、、、

 

(´・ω・`)この場所探すのには注意が必要です。

 

その後、少しぶらぶらして何か他にも無いかな?と、探索していたんです。

そしたら、曰くありげなお地蔵さんが見つかったのですが、、コレはちょっと、、、という感じでした。

 

本日はそんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

20:00 | フィールドワーク | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

[明治神宮鎮座百年記念展 永遠の社の物語]へ、、肆

 

画像をあげるのに二度手間三度手間踏まされるのは、、めんどくさいですね。

アンインストールして、再度インストールしてくださいと言うのだけど、、かわらないんだよな~、、、

(゚◇゚)ま、愚痴はここまでにして、、、

面白いニュースがありました、、三日位前の話になりますが、、、

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、、

[現在の遊園地事情]

場を盛り上げないヒーローショーって、、

立ち会いは強く当たって、後は流れでお願いします。か?

(゚◇゚)子供はよく見てるからな~、、夢が壊れる瞬間になりそうだ。

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

敵の敵は味方で、敵の一団体がコロナに掛かってしまいヤキモキしているところを、、ヒーロー達が救助に向かう。と言う話でね、、

始めはお互いの面子でぶつかり合うけど、、徐々に距離が縮まっていき、仲良くなっていくのだが、、、

それを認められない上層部から圧力を掛けられてしまう。

、、これはおかしいんじゃないか?と、葛藤を抱きつつも、、会社の方針には逆らえず、お互いの正義を貫き続ける中、、敵側上層部は一度感染した配下達の残留ウィルスを使い、驚異的な生体兵器に変えて世の中に送り出し、、味方側上層部はそこに救助に向かった配下を送り込むのであった、、、

 

さて、明治神宮鎮座百年記念展、、最終回ですね、、、

o(^-^)oそれでは、行ってみましょう♪

全国から10万本の樹木の奉納と、11万人の青年団の勤労奉仕によって完成した明治神宮。

鎮座祭前日から人が集まり、、当日は50万人にもなったんだそうです。

(゚◇゚)時代の違いでしょうかね、、言い方悪いけど無償労働なんですよね。

1日2日の話ではないですからね、、、

良くない話を言えば、、僕は毎日はできないかな~、、美味しい炊き出しがあれば少しは頑張るけど。

(´・ω・`)収入云々より、その仕事に参加することに名誉や誇りがあったと言う事なのでしょうか、、、?

 

社殿の建築についてですが、、

当時の世界最高水準の建築技術、、と書かれていますね。

(´・ω・`)日本建築界の巨人、伊藤忠太、、

かなり色々な神社関係で建築に携わっていた方みたいです。

自分の行ける範囲内だと、靖国神社神門、築地本願寺、總持寺大僧堂、でしょうか。

 

宝物殿

 

聖徳記念絵画館

(´・ω・`)明治天皇、皇后の80展の絵画、、拝観してみたいですね、、、

一昨年くらいかな?大正天皇の自筆の和歌か何かが見つかった。なんて、話があって、、明治神宮に観に行ったんです。

大正天皇は、変わった方だと聞いていたのですが、、文字を見る分には、そうは感じられませんでしたけどね、、、線のしっかりした、立派な字でした。

(^。^;)そういった作品から、どういう方かを想像するのも面白いかな?と、思ったんです。

(´・ω・`)外苑は、民間の寄付で造営されていたものを、奉献していたモノだったんですね、、

初めて知りました。

 

 

昭和20年4月に空襲で本殿が焼けてしまったのですが、、そこから13年後に復興。

(´・ω・`)何とも、このコスプレ七五三は、、面白い。

『誰でもない!』僕の親の世代ですね、、、

 

大正に創建され、昭和に本殿復興、そして今、百年の節目、、

(´・ω・`)何となく思うのは、、大衆の力も大きな糧となっている気がしました。

百年目までの考え方はありましたが、ここから先はどの様な姿になると予想しているのか、、気になるところです。

 

そう言えば、奉祝献灯[夢鈴]というものがありました。

何でも、10/30、31、11/1に夜間の特別参拝ができるらしいんです。

その参道を、この各々の願いが籠もった夢鈴が照らしだすよ。という感じみたい。

1つ¥2000だったかな?

明きの夜長、虫達の鳴き声に耳を向けつつ、満月と夢鈴の明かりを頼りにお参りをする、、、

なんか素敵じゃありませんか?

(´・人・`)毎日ごはんが食べれますよ~に!っと。

 

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

22:00 | 展示会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

画像があげられないぞ!?

FC2アプリのアップロードの為のインストールをしたら、画像があげられなくなっちゃったんですよね~、、、

泊まりだと、、な~んもできなくなっちまいます。

つーかさ、体調不良で休むのは良いけど、、二泊三日は嫌なんだよね、、、

(゚◇゚)汗ばむ時期だから、、シャワーくらい浴びさせて欲しいよ。

アベノマスクが遂に届いたから、ちょっとした話題です画像あげようと思ってたんだけどさ、、、

(゚Д゚)まさか、、マスクの呪いなのか?

 

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

19:50 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

[明治神宮鎮座百年記念展 永遠の社の物語]へ、、参

 

 

緊急事態宣言が解除され、、飲食店の夜営業が始まっていますね、、、

とは言え、コロナでねじ曲げられてしまった営業形態を直ぐに戻せるわけではないようで、、

この期に、思い切った采配を振るう会社も出てきているみたいです。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラ、、、

[すかいらーくグループ深夜営業廃止]

(´・ω・`)当面深夜営業ができそうにないと言うのもありますけどね、、、

  

 

こんばんは、iroiro7色です。

昨日、誘われるままに羽根をのばしちゃったのですが、、、

途中でモンテローザ系列のお店に入ったんです。

そしたらね、、それなりに人が入っていたけど、従業員が手配できていないので、、提供が大変遅くなってしまう。と言われまして、、、

あぁ、そうでしたか、、じゃまた今度来ます、、、頑張って下さいね。と、店を後にしたんですが、、、

上のニュースをやり玉にするわけではありませんが、、現実問題はコレじゃないのか?と、思ってしまうんのだけども、、、

ほら、営業できない間、切ったり、辞めて新しい会社探したりもされてる方々が沢山いましたから、、

(´・ω・`)臨時雇いで手伝った方が面白かったかな、、なんて思っちゃったりもしますけどね。

 

 

さて、明治神宮鎮座百年展の続きにいきましょうか、、、

創建への道のり

 

国民が作った、とはありますが、、

100名の有志者はやはりそれなりに資産を持った方々なのかな?とは、思ってしまいます。

ここで、新一万円札の渋沢栄一氏が代表の1人としてあげられています。

代々木に創建する理由として、皇太后の為に明治天皇が設計した庭園があり、、その縁と神域性から選ばれたのだそうです。

  

(´・ω・`)確かに、明治神宮は東京にいるとは思えないくらい静かな場所ですからね、、、

  

明治神宮を創建にあたって、杜(もり)創りに力を入れたみたいなのだけど、、、

まさかの100年構想での取り組みです。

松と成長の早い針葉樹を植え、、50年後に針葉樹に押されて松が枯れていき、、100年後には椎や樫の照葉樹が杜の中心を占め、、その後成長していくと共に次世代の木々も育ち、自然豊かな杜が広がっていく。

その様に、世の中の人々も栄えていって欲しい。と言う願いも込めていたのでしょうか、、、

  

(´・ω・`)しかし、日本林学会の巨星って、すごい肩書きですよね、、林学会なんてあるんだなぁ?

 

全国から10万本の樹木が寄せられ、11万人の若者達が境内、植林、参道造りに汗を流したのだそうです。

そう考えると、大事に歩かせてもらわないと、、なんて気持ちになってしまいます。

(゚◇゚)そして今年、杜は100年目となったわけです、、、

明日は、建立~の話を書かせてもらいます。

(゚◇゚)建立の際の儀式の画の様なのですが、、皆さん帯刀されてるんですよね、、、

 

本日はここまで、、

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

19:30 | 展示会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑