歴史×妖×芳年 

 

 

三年くらい前から毎年一回は、京都奈良に行ってるんです。

のんびりお寺周りするのとか、仏像を見に行くのが好きでして、、、

向こうはやっぱりスケールが違うのです。

京都の本願寺、奈良の東大寺、、凄い大きいじゃないですか、、、門をくぐった瞬間から別世界に来たな!と、僕は思えるんですよね、、それが新鮮で良いのかな?

折角だから、東大寺へもし行かれたら、、少し離れてますが、白毫寺(ビャッコウジ)に是非行って欲しいと思います。

( ´艸`)素敵な仏像と絶景が見れますので、、、

 

では、話を東大寺に戻しましょう、、法華堂が傷付けられた話に。

差別用語になるかもしれないけども、お里が知れる事をな~んでするんでしょうね?

ま、こんな事したら批判されて当たり前なんだと思いますがね。

↓↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリック

下線文国宝に落書き

昔から今に引き継いで来た財産なんだし、、ましてや国の宝なんですよ。

それに不満が有るなら日本に来なくていいし、そんな人間が来なくても日本に何ら問題はないんで、、来んな!!

自国で建立された金色の像にやって下さいませ。<(_ _)> 

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

笠地蔵みたいにですね、、、落書きされた仏閣所有の仏像が、、夜な夜な訪ねて行くと言うのはどうでしょうか?

初めは柔和な御顔の仏像が枕元にあらわれて、『謝りに来なさい。』みたいな、、、

無視してると、二度目に少し強面の営業担当があらわれ、「次はないからね」と警告、、、

最後は盧遮那仏が仁王を引き連れ、よいさ、よいさ、よいさ、よいさ、の掛け声と共に地響き起こしながらやってきて、、、

「良いわけあるか!!」の叫び声と共に住まいを蹴散らかされる。みたいなね、、、

自業自得の現代版笠地蔵てな感じ、、、舌切り雀のばあさんみたいなね。

 

 

歴史×妖×芳年 の話、、、

あざみ野のペットショップに行った帰りに、近くに何か無いかな?と、検索したら出てきた[浮世絵]の展示です。

月岡芳年は、歌川国芳に師事していたみたいですね。

幕末~明治の時代の移り変わる中で生み出された作品は、新しい世界への挑戦と遊びが詰まっているように思えます。

上の画でも解るかもしれませんが、躍動感を持たせる表現の仕方なんかは今の漫画の技術に繋がってるんじゃないかと思ってしまいました。

僕の持っている本からも1つお気に入りを、、、

( ・_・;)羅生門の鬼です。

 

ギャラリーショップの作品集に載っていましたので、コレが芳年の作品だったんだ。と、初めて知りました。

渡辺 綱 と 茨木童子 の戦いの画です。

この画の鬼は人間離れした顔してるんですけど、何故かそれをカッコ良く見えてしまう自分がいて、、何か好きなんです。 

 

ギャラリーの話に、戻りましょう。

この方の浮世絵は、カッコいいシーンと、綺麗な女性が多い気がします。

全体的に、歌舞伎や能なんかの役者(キャラクターかな)のワンシーンや、有名人物の逸話を描いているモノが多かったです。

その時代のニーズに合わせていたのか、昔から引き継がれている売れ線の画だからなのか、、

でも、その人物やキャラクターが、他人の力で成長して歩き出し、その時代の人々の心で生きていくなんて、、、ある意味、なんて素敵な生き物なんでしょうね。

 

夏休みの子供達の宿題に合わせての展示なのかもしれませんが、、、十分大人も楽しめます。

むしろ、子供達の知らないお話の画が多いので、、家族で一緒に疑問に答えてあげながら見ていくのも面白いんじゃないかと思いました。

字足らずですが、、宜しければ是非とも、、、<(_ _)>

 

今日はそんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト
21:15 | 展示会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
胸が解らん | top | アシメトリー、、

コメント

#
こんばんは。
毎回毎回、お隣の国のする事はうんざりしますよね。
盗んだ仏像も返却されてませんし、それすらお隣の国では犯人を英雄者扱いだし、犯罪を国家ぐるみで擁護するなんて完全に頭イっちゃってますよ。

基本的に日本には何をやっても許されるという国民感情がありますんで、こんなキ○ガイ染みた国と付き合う必要はもう無いんでは…と私も常々思っています。

戦時中のことなんてもう72年も前の事ですし、今それらの事を引っ張り出して批判している人達はほぼ子供や孫でしょう?
二世三世にもなれば直接的な被害は被っていないのだから、それらの怨恨をお互いに忘れて進むように努力しないと、永遠にいがみ合ったままですよ。
何が未来志向なんだか…。
by: うぃん | 2017/08/09 23:27 | URL [編集] | page top↑
# うぃん様
こんにちは、度々のコメントありがとうございます。
 
正直、僕にはわざとやっているようにしか見えないんですよ。
向こうは歩み寄りの視線じゃないですから、、だったら少しちゃんと視線を向けるようにできるよう教育が必要な気がします。
 
上手く言えないんですけど、話の通じないお馬鹿さんを甘やかしてはいけないんですよ、、、勿論、全員がそうだとは言いません。
だけど、そういった人達を他国の僕等がどうこうする必要はないんです。
解る同郷の人間が教えてあげて、初めて一歩前に進むんじゃないかな?と、僕は思います。
全部他人任せの、実態に僕は納得できないです。

by: iroiro7色 | 2017/08/11 22:38 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/1141-c7809357