山下清とその仲間たち展(乱文有り)

 

鹿児島県で震度5強の地震が有ったようです。

なんと言いますか、、こう合間無く色々な所に天災が訪れていることに、正直不安を感じてしまいます。

ただ単に分母に46億年の中の1年だってだけなのかもしれませんけども、、、日本というこれだけ狭い国で度重ねて起こる確率で考えると怖いですよね。

 

 

こんばんは、iroiro7色です。

今日は小平市の方営業へ行ってきました。

昼過ぎくらいに終わり、カレーパン食べに下北沢へ南下するか!と、思うも、、空腹が過ぎるあまり、おにぎりを買ってしまい次回に回すことに。

( ・_・;)空腹に勝る調味料は無いのです、、そして空きっ腹に詰め込む幸福感は一入なのです。

 

でも、折角日頃来ない場所に来たのだから、この近辺のギャラリーでも巡ることにしました。

埼玉県の狭山市へ北上です。

午後3時位に到着したのは狭山博物館です。

 

 

[山下清とその仲間たちの作品展]を見に行きました。

 

裸の大将こと、山下清さんと、同じ世代で同じ学校に通っていた生徒さん達の作品です。

山下清さんは、大変著名な方ですが、、実は同じくらい素晴らしい画を描く人達がいたの知ってましたか?

僕は知らなくて、その作品達を見て驚きました。

凄いです。

今の日常、色んなモノが有るのに、、当たり前に手に入るモノで、何でこうまで次元の違う世界を目の当たりにさせられちゃうんだろう。

何で素直に楽しい画だな、恐い画だな、嬉しい画だな、自分の大好きなモノの画なんだな、、等々思わせてくれるのかな?

(´・ω・`)後、おふざけで、ランニングにショートパンツ、赤い傘を差して会場に行こうと思ってたけど、、やらなくて良かった。 

 

でも、この人達を生み出したのは、その学校の教育方針[踏むな 育てよ 水注げ]有ってのモノなんだとも思います。

一人一人の子供に合った表現を探し、職員と子供が一緒に学ぼうとする姿勢を持ち、表現していく過程を大切にする事。

この思いにたどり着かなければ、今いる山下清さん達が生まれなかったかもしれないんですよね。

 

で、ここから失礼な事を書きます。

山下清さん達のハンデキャップ持つ方々の作品を[アンダーグラウンドアート]なんて呼ぶ人達もいるの。

この間書いた、犯罪者なんかの絵も同じ扱い。

僕はこう言うの変だと思うし、嫌でね、、

何で悪いことした奴等と同じ扱いなんだよ!?

何で普通の芸術家より与える力がある人が別次元の芸術扱いなんだよ!?

おかしいよね、知的なり肉体的なり劣っているから同じ舞台に立てません。

私は健常者ですが、貴方はそうでありません、、

そういう風に言ってるようにしか聞こえないんですよ、、、

隠語だとしても、面と向かってこういう事言うなり示してるヤツの方が変でしょ。

会社勤めしてる一般の方は解ると思うんですが、[踏んで 虐げて 水を与えない]壊れたらそいつのせいにして不法投棄だ、、そんなもんじゃないっすかね?

僕が偶々ブラックばかり勤めてるのかもしれないけどね、、、JPとかね~。

 

今でこそ養護学校等々の違う呼び名になっていますけど、、逆に言えば、やってることがそれ以下じゃ、まずいんじゃないんスカ?

な~んて、思っちまった訳だ。

<(_ _)>失礼しました。

 

 

そういう意味でも、この展示見るだけで、それ位広い意味で考えさせてくれました。

最後の文章は、かなり感情入れちゃったんでどちらにも失礼な事書いちゃってるんで申し訳ないです。

 

来月までやってますので、是非行ってみて下さい。

<(_ _)>

 

そんな感じ、、、明日も頑張りましょう!!

スポンサーサイト
23:05 | 展示会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
削っては盛る日々、、、 | top | 刀剣を見に、、

コメント

#
初めまして! 落語家の澄川白舟と申します。

山下清さんや障がい者の方の作品に対して、日本の報じ方、取り扱い方などは確かにおかしいと思いますね〜

山下清さんは「画伯」とは呼ばれませんし、詳しくは知りませんが、「芸術作品を生み出そうと描いたものではない」、「趣味の域を超えていない」といったことが、画壇に選ばれない理由にあると聞いたことがおます。

ですが、観る者にあれだけの感動を与える作品は間違いなく素晴らしい芸術作品やと思いますし、障がい者であろうとなかろうと、そんなことは関係おまへんと私も思います。

海外での評価はホンマに凄いもんがおますし、海外が騒ぎ出したんで日本も山下さんさんに注目をしたちゅうのもホンマやと思います。

素晴らしいもんは素晴らしい!

地位やら名声やら画壇やら、そんなもんはどうでもよろしぃな(笑)

落語もおんなじでおまして、目の前のお客さんに楽しんでいただけたかどうか、それしかおまへんです。

長々と失礼しました。
by: 澄川白舟 | 2017/07/18 14:12 | URL [編集] | page top↑
# 澄川白舟様。
コメントありがとうございます。
素晴らしいを素晴らしいということは、僕も本当に大事だと思っています。

趣味の域とか、おかしいです。
僕等も、人形は芸術じゃない!って、よく言われました。
乱暴な文章になってしまいますが、、、
工芸は美術より劣るから、、障碍者は健常者より劣るから、、、と、言っているようにしか僕には聞こえないんですよね。

芸術という自由のカテゴリー上では、人種も障害も男女の差別も無く、お互いを認め合ってそれを高め合っていくのがいいんじゃないかと、僕は思うんです。

つたない文で申し訳ありません。
近いうちに、しっかり文章にまとめて、挙げさせて頂きますので、ご容赦を。
by: iroiro7色 | 2017/07/22 22:11 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://iroironairono.blog.fc2.com/tb.php/1109-1d715ea6